世界ショートセレクション<br> 怪盗ルパン 謎の旅行者―ルブランショートセレクション

個数:

世界ショートセレクション
怪盗ルパン 謎の旅行者―ルブランショートセレクション

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2021年10月23日 08時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784652201749
  • NDC分類 K953
  • Cコード C8397

内容説明

ルパンのいざなう推理のうずへ!さあ!名作がスラスラよめる!

著者等紹介

ルブラン,モーリス[ルブラン,モーリス] [Leblanc,Maurice]
1864年フランス・ルーアンに生まれる。繊維製造会社へ就職するも、なじめず辞職。パリで執筆業に精を出し作品を発表すると文壇で高い評価を得るが一般的には無名であった。40歳のとき、アルセーヌ・ルパンものが大評判となり、30年以上書き続けたシリーズは世界中で愛されている。晩年には文学への貢献により、レジオンドヌール勲章を授与される。1941年没

平岡敦[ヒラオカアツシ]
1955年千葉市に生まれる。早稲田大学文学部卒業。中央大学大学院修了。フランス文学翻訳家。『天国でまた会おう』で日本翻訳家協会特別賞を、『オペラ座の怪人』で日仏翻訳文学賞を受賞

ヨシタケシンスケ[ヨシタケシンスケ]
1973年神奈川県に生まれる。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。『りんごかもしれない』で第6回MOE絵本屋さん大賞第一位、第61回産経児童出版文化賞美術賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

127
ヨシタケシンスケが表紙と各話の扉のイラストを描く世界ショートセレクションシリーズ、第一弾は、怪盗ルパンです。児童書のようで大人向き、ヨシタケシンスケのイラストは少な目なので、ヨシタケシンスケファンには少し物足りないかも知れません。また本作は、短編なので怪盗ルパンの露出も少な目です。オススメは表題作の『謎の旅行者』です。2017/02/25

RX78

29
ヨシタケさんの表紙につられて。表題作は別の本で読了ずみ。この本に出てくるルパンは怪盗というより、むしろ探偵。鋭い推理で謎を解きます。2021/03/21

マカロニ マカロン

18
個人の感想です:B。小学生の頃に学校の図書室で南洋一郎さん訳で表紙がちょっと怖そうな感じのポプラ社の怪盗ルパン全集を全部読んだことがある。有名な『奇巖城』、『8・1・3の謎』も含めて、全くストーリーを覚えていないが、とても面白かったことだけが記憶にある。この本に所収の4作も読んだことがあるとは思うのだが、全く覚えていなかった。2番目の『赤い絹のショール』の中でルパンが「片眼鏡っていうのは、なにより貴族のたしなみだ』というシーンがあるが、確かポプラ社の表紙のルパンも片眼鏡の紳士風だったように記憶している。2019/12/27

ゆーかり

18
怪盗ルパンを読むのは小学生の時以来。「謎の旅行者」「赤い絹のショール」「塔のうえで」「秘密を明かす映画」の4短篇(多分全部読んだ事があるのだろうけれど覚えていない)。後半2つは「八点鐘」からの作品でルパンはセルジュ・レニーヌ大公と名乗っている。4作品とも怪盗/泥棒というより探偵役だ。謎解きもするけれど、それよりも異国の古きロマンスの雰囲気…。なんだかとってもフランス。2017/01/10

まいさん

16
久々のアルセーヌ・ルパンはやっぱり面白かった。ルパン三世が有名だけど、本家本元のアルセーヌ・ルパンを今の子どもたちにも読んでほしいなぁ!謎解きあり、冒険ありのこのドキドキわくわくを味わってほしい。 2018/09/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11286909

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。