よりみちパン!セ
恋と股間

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784652078389
  • NDC分類 K159
  • Cコード C0330

内容説明

ダメ出しされたからって、もうヘコむの?女子に対する「メールのNG」とは?告白して「友だちでいましょう」と言われたときに返す第一声とは?そして、みずからの「童貞」に、いつサヨナラを告げるべきなのか?「男の墓場プロダクション」代表が命をかけておくる、八方ふさがりな時代を突き破る超絶恋愛マニュアル。

目次

1章 どうしたら、彼女ができますか?(本当に彼女をつくるための、はじめの第一歩;人前で弱みを見せるスキルを磨け! ほか)
2章 それは童貞の悪い癖です(見た目に自信がない場合、恋愛は何で勝負をすればいいですか?;「童貞」とは、いつ捨てるべきものですか? ほか)
3章 彼女ができても日々是修行(「コイツは小さい」と思われてしまう男の行動とは?;化粧を取ったら別人でした。だまされた気分です。 ほか)
おわりに 女性のみなさん、ご静聴願います。(「いい男」のイメージについて、再考を促したい。)

著者等紹介

杉作J太郎[スギサクジェイタロウ]
1961年、愛媛県生まれ。82年に漫画家としてデビュー、その後雑誌「平凡パンチ」で編集の仕事を経つつ、漫画を筆頭に文筆、俳優、テレビなどのコメンテーターと多彩な活動を展開。2003年には「L.L.COOLJ太郎」の名でヒップホップCD『プッチRADIO』(P‐VINE RECORDS)をリリースし、さらには同年に映画制作プロダクションである「男の墓場プロダクション」を設立、みずからメガホンをとって『任侠秘録人間狩り』『怪奇!!幽霊スナック殴り込み!』(DVD販売:キングレコード)の脚本・監督にあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

生稲晃子そっくりおじさん・おニャン寺クラブ

24
サブカルチャーの人気者の一人・杉作J太郎による「自然にしていたら絶対にモテず、永遠に彼女ができなさそうな男子」に向けた恋愛講座。下ネタも混じるギャグや言い回しに、クスクスゲラゲラ笑わされながら読んでていたが、途中から「これは女性崇拝の書だ」と気付かされ、感動した。純情でさえある。これほどに相手や他人の事を思いやり、自分は格好悪くても構わないというスタンスでいるなんて、何と男らしいのだろう。だから、浮気をして恋人を捨て、そのまま浮気相手と付き合う者だけは厳しく糾弾している。一寸の虫にも五分の魂だ。2014/06/01

ステビア

12
イヤーこれも名著ですネ。2014/05/19

harukakoko

8
題名ふざけてるし、文体もふざけた感じですが、中身はマジメです。よりみちパンセというシリーズ本で、学校や家では教えてくれないことをテーマにしているようですが、本当に、ティーンズの頃ってこういうこと知りたくて仕方なかった時期があった気がする。10代の頃に出会いたかったと思いつつ、大人が読んでも面白い本です。2013/05/20

Mizo

7
感動した。◆「命がけでリラックスする。」「子々孫々までの巨人的なスケールで物事を考える。」「分かり合うことは出来ないが、互いに思いやる。」「誰かの軒下を借りて生きている。」「彼女が得られないことが悔しいのではなく、男同士の勝負に負けていることが悔しい。」2013/09/28

なかたにか

6
ふざけた本だと思って、ふざけて読んだのに真面目だった 笑。 いや、いい本です。それこそ真面目に! なにかしら恋と股間の狭間という恋愛で迷ったら一度読んでみるといいかもしれないです 笑。 経験が豊富なら役に立たないかもしれない。だけど、それこそ恋愛に真面目ならですが。2013/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/579434

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。