• ポイントキャンペーン

よりみちパン!セ
男子のための人生のルール

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784652078242
  • NDC分類 K159
  • Cコード C0330

内容説明

自身も中学生男子の親であり、また、さまざまな世界で出会う「本物の漢たち」への絶大な愛と限りない敬意をウェブサイト上で真摯につづる著者の、初の書き下ろし単行本。「ありがとう」を言う。友だちと向き合う。あそぶ。腹をくくる。いつか外海に漕ぎ出してゆく。―ささやかでも、キミが自分だけの誇りをもって笑って生きていけるように。漢・玉袋筋太郎が満を持して子どもたちへおくる、魂をふるわせる渾身のメッセージ。

目次

第1章 人と向き合い、自分とも向き合う掟(挨拶は世間へのパスポート。いつも懐に入れておけ!;銭湯に行っても、前だけは隠すな! ほか)
第2章 「勝負」と「友だち」についての掟(金、賭けてよし!;誰かにスポっトライトを当てる喜びを知れ! ほか)
第3章 外海へ漕ぎ出すための掟(ルールとは、あいだをぬっていくものと心得ろ!;シネコンは禁止? ほか)
第4章 「お金」と「将来」についての掟(小遣いは歩合制でもらえ!;チャラ銭、万札、両方持ってオモテに出ろ! ほか)
第5章 親との掟(親との信頼、一線は越えるな破るな!;子から親のみなさんへ。説明しろ、ほめろ、ちゃんと見ろ! ほか)

著者等紹介

玉袋筋太郎[タマブクロスジタロウ]
1967年、東京都生まれ。漫才師。西新宿の生粋の新宿っ子。中学時代に始まったラジオ番組「ビートたけしのオールナイト・ニッポン」に神の啓示を受け、高校在学中には「鬼怒川マッサージ」の名前で、ラジオのリスナーのあいだでは熱狂的な「ビートたけしのおっかけ」としてその存在を知られるにいたる。高校卒業後、ビートたけしに弟子入り。相方となる水道橋博士と出会い、本名・赤江祐一から「玉袋筋太郎」として87年、漫才コンビ「浅草キッド」を結成する。以降、世の中の出来事への並はずれた記憶力と観察眼、ことばに対するただならない情熱と卓抜したセンスで「お笑い」の世界のエッジを常に押し広げつつ、テレビ・ラジオは言うに及ばず、活字メディアでも「浅草キッド」名義で精力的な活動を展開。『お笑い男の星座芸能死闘編』『お笑い男の星座2私情最強編』(ともに文春文庫)は大宅壮一ノンフィクション賞の候補に挙がった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。