声と現象―フッサール現象学における記号の問題への序論

個数:

声と現象―フッサール現象学における記号の問題への序論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784650101966
  • NDC分類 134.9

内容説明

本書においてデリダは、『論理学研究』に見られる記号概念の分析を通じて、その模様を的確にあばきだすとともに、形而上学の囲いの踏み越えを示唆する。

目次

第1章 記号というものと諸記号
第2章 指標の還元
第3章 独語としての意義作用
第4章 意義作用とルプレザンタシオン
第5章 記号とまばたき
第6章 沈黙を守る声
第7章 根源の補欠

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Bevel

4
目の前にあるものを括弧の中に入れるだけで、どうして確実性を保証する超越論的な領域の構成物を手に入れることができるのか。超越論的還元の操作の正当性をフッサールに信じさせた理由は何なのか。デリダはそこに「他我が存在しないから指標作用は存在しない」という想定、つまり「指標作用という媒介の消去」を見る。「私が私の声を聞く」として意識される私の声は、その表現が持つ指標作用と区別できず、結果、非現前性の痕跡を残す。最終的に、現前を通して存在だけが知られる非現前性は差延とされ、意識の可能条件は差延にとって代わられる。2012/09/15

む け

2
デリダの文章はやっぱり難しいと思うし、俺の読解力も足りてないと痛感させられる。フッサール現象学において指標作用とは別に意義性を持つ表現の層が仮定されているが、そこには伝統的形而上学の声(フォネー)中心主義がハあると、デリダは指摘する。声はエクリチュールとは違い自己の傍らに常にあり、かつ反復可能というイデア性をその性質に持つものだが、そもそも現前、自己触発においては必ず差延が存在するものであり、根源的な非現前性との差異が生じているのである。パロールからエクリチュールへ、大胆だなあと思ったけどやっぱり苦手…2013/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/565156

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。