事典 日本の仏教

個数:

事典 日本の仏教

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月09日 19時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 522,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784642080941
  • NDC分類 182.1
  • Cコード C1515

出版社内容情報

日本人は、仏教をどう理解し実践してきたのか。仏教誕生から日本伝来までを前史とし、日本における受容と発展を、時代を追って詳説。

現代社会や世界の宗教者との交流にも触れ、仏教の「今」をみつめる。用語解説や索引を付し、仏教の教えに即した新・仏教史事典。

◆仏教の誕生から伝播の流れがわかる
釈迦の一生/サンガと分派/仏像の誕生と展開/三蔵/修行/ジャータカ/インド仏教/東南アジア仏教/中央アジア仏教/中国仏教/朝鮮仏教
◆日本の仏教の歴史がわかる
仏教渡来以前/古代の仏教/飛鳥仏教/奈良仏教/平安仏教/中世の仏教/新仏教の登場/南北朝から戦国期の展開/宗教一揆/近世の仏教/寺檀制度/儒学・国学との対立/庶民への普及/近代の仏教/廃仏毀釈/神仏分離/大教宣布/仏教系大学の創設/大学人の活躍/戦時下の仏教/戦後・現代の仏教/日本国憲法と信教の自由/仏教界の戦争協力/仏教系大学の歩み
◆宗派の成り立ちと特徴がわかる
律宗/倶舎・法相/三論・成実/華厳/比叡山/高野山/禅宗/浄土宗/融通念仏宗・時宗/法相宗/華厳宗/日蓮と法華宗/古義真言と新義真言/黄檗の衝撃/日蓮系の活躍/浄土真宗系の活躍/仏教系新宗教
◆仏教の教義と思想がわかる
一乗思想/五姓各別思想/一念三千/曼荼羅/即身成仏/法身説法/太元帥法/仏性論争/十住心論/観想と称名の念仏/光明真言/釈迦念仏/山王信仰/称名念仏の新展開/教禅一致/不立文字・教外別伝・直指人心・見性成仏/心身脱落・修証一等・只管打坐/理致・機関・向上/唯心浄土/十善戒の普及/妙好人・異安心/大乗非仏説論/大蔵経の刊行
◆僧侶の修行と学問がわかる
僧侶と法会/山林修行・優婆塞・沙弥の活躍/受戒/虚空蔵菩薩求聞持法/得度受戒・僧位僧官・僧綱制度/南都三会/持経者の出現/止観/諍論/交衆と遁世/顕密の教学と修行実践/論義/談義/長斎と斎戒衆/公案・話頭/僧録/南都教学の研鑽/戒律の復興/禅者の活躍/道人・畸人/護法運動/目白僧園
◆仏教に関わる社会文化と芸術がわかる
浄土思想/浄土変相/神仏習合/末法思想/臨終出家/寺院建築/古代の仏教美術/中世神話/本覚思想/五山文化/民間信仰/中世の寺院建築/中世の仏教美術
◆現代社会・世界とつながる活動がわかる
イースタン=ブッディスト/海外仏教への関心/遺骨収集運動/全日本仏教会/日本宗教代表者会議・比叡山宗教サミット/全世界仏教興隆会議/墓制度/仏教の社会参加/南方上座仏教の流入

内容説明

日本人は、仏教をどう理解し実践してきたのか。仏教誕生から日本伝来までを前史とし、日本における受容と発展を、教義と思想、宗派の特徴、僧侶の修行と学問などから時代を追って詳説。仏教の教えに即した新・仏教史事典。

目次

仏教の歴史(仏教の誕生;仏教の伝播)
日本の仏教(古代の仏教;古代の仏教文化;中世の仏教;中世の仏教文化;近世の仏教;近代の仏教;戦後・現代の仏教;付録)

著者等紹介

蓑輪顕量[ミノワケンリョウ]
1960年千葉県に生まれる。1990年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院教授、博士(文学、東京大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へんかんへん

5
近世畸人伝、縁覚、内護、外護、悔過、三学、戒定慧、三昧、業処2017/03/02

nori

0
普段はキリスト教の本を読んでいます。仏教の本も参考程度に読みますが、時々、言葉の意味が明確にわからないこともあり、このような本を求めていました。人物に焦点を当てるのではなくて、時代の流れとその時々の教義や思考の流れに沿ってまとめてあり、理解しやすいと思いました。ただ、複数の方々が書かれていて、その相互のコンセンサスがうまくいっていないのでしょうか、記述内容が重複していました。2020/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7691760

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。