平等院鳳凰堂―現世と浄土のあいだ

個数:

平等院鳳凰堂―現世と浄土のあいだ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月08日 19時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 195,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642080323
  • NDC分類 702.17
  • Cコード C1071

内容説明

藤原頼通により現世と極楽浄土を結ぶ空間として建立された平等院鳳凰堂。これまで個別に論じられてきた鳳凰堂の建築・仏像・絵画・庭園などを総合的に捉え直し、平安仏教の豊かな世界観と人々の祈りの姿を読み解く。

目次

鳳凰堂をめぐる五つの謎―プロローグ
1 鳳凰堂の建築美
2 鳳凰堂の内なる世界
3 現世と浄土をつなぐ景観
4 鳳凰堂と阿弥陀来迎
5 鳳凰堂本尊と阿弥陀法
6 阿弥陀堂と九品曼荼羅
7 阿弥陀曼荼羅としての鳳凰堂
新しい造形論にむけて―エピローグ

著者等紹介

冨島義幸[トミシマヨシユキ]
1966年愛知県生まれ。1998年京都大学大学院工学研究科建築学専攻博士後期課程修了。現在、滋賀県立大学環境科学部准教授、博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

umeko

8
平等院鳳凰堂をめぐる五つの謎を解き明かすわけだが、明快で、素人ながら興味深く読めた。筆者も平安仏教を論じるうえで重要な問題提起と述べていたが、他の仏教建築や美術などはどうなのかと考えてしまう。2015/05/27

アメヲトコ

2
現世の極楽浄土として一般に知られる平等院鳳凰堂に隠されたいくつもの謎を、学問分野の枠にとらわれない視点から解き明かす知的刺激にあふれた一冊です。一部に大胆な推論を含むものの、密教の立体曼荼羅として鳳凰堂を捉え直し、これまでの「浄土教中心史観」を乗り越えようとする野心的な試みはとても魅力的。2014/06/26

飯田一史

1
平安仏教は空海以降の密教から源信たちの浄土教になった史観の象徴とされてきた平等院が実は密教の影響受けまくりと立論した本。めちゃんこおもしろい。2017/05/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/349076

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。