人と動物の日本史〈2〉歴史のなかの動物たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784642062763
  • NDC分類 210
  • Cコード C1321

出版社内容情報

★朝日新聞 2009.6.14 読書面で紹介されました!
 評者:石上英一氏(東京大学教授)

内容説明

儀礼や政治的演出に組み込まれた馬や犬、食料や動力として利用された牛や豚、乱獲と保護の合間で翻弄された鯨や鹿…。歴史上に刻まれた人と動物たちの関係性を多面的に描き出し、新たな歴史叙述の可能性を模索する。

目次

1 動物と政治(王朝の馬;狩る王の系譜;生類憐れみの令とその後)
2 飼育と利用(農耕と牛馬;舶来動物と見世物)
3 捕獲と保護(近世漁業を通してみた生業と魚介類;捕鯨の伝統;近世猟師の実像;捕獲と保護の現在)

著者等紹介

中澤克昭[ナカザワカツアキ]
1966年長野県に生れる。1995年青山学院大学大学院博士課程退学。1999年博士(歴史学・青山学院大学)。現在、長野工業高等専門学校准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。