歴史文化ライブラリー<br> ほとけを造った人びと―止利仏師から運慶・快慶まで

個数:

歴史文化ライブラリー
ほとけを造った人びと―止利仏師から運慶・快慶まで

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月17日 13時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 259p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784642057660
  • NDC分類 718
  • Cコード C0320

内容説明

「ほとけ」、すなわち仏像はいかなる人々によってなぜ造られたのか。止利仏師や定朝、運慶、快慶ら、飛鳥時代より鎌倉前期に活躍した仏師の姿や、彼らが率いた工房の活動を描き出す。仏像をより深く理解できる一冊。

目次

飛鳥時代の仏師(仏像製作のはじまり;止利(鳥)をめぐって ほか)
奈良時代の仏師(官営工房による造仏の時代;造東大寺司をめぐって ほか)
平安時代前期の仏師(造東大寺司廃止後の仏師の動向;官営工房系仏師の展開 ほか)
摂関期の仏師(康尚の時代;定朝の時代 ほか)
院政期の仏師(円派仏師の動向;院派仏師の動向 ほか)
鎌倉時代前期の仏師(慶派仏師の台頭;運慶の時代 ほか)

著者等紹介

根立研介[ネダチケンスケ]
1956年新潟県に生まれる。1980年京都大学文学部卒業。1981年京都大学大学院文学研究科修士課程中退。京都府教育庁指導部文化財保護技師、文化庁文化財保護部美術工芸課文化財調査官、京都大学大学院文学研究科助教授を経て、京都大学大学院文学研究科教授、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Shoji

45
止利仏師が活躍した飛鳥時代から運慶、快慶の活躍した鎌倉時代を中心に仏師の姿や活動の様子、代表作などが概観されています。少々、学術的な本です。飛鳥時代から鎌倉時代までカバーしているためか、有名な仏師を掘り下げるのではなく、どうしても浅く広く書かれている印象が残りました。2019/12/15

ユウユウ

43
ざっと速読なのであまり内容把握は出来ていませんが。写真少なめなので、美術全集などを手元に読みたくなる。この手の本なのに第2刷まで出てるところがすごい。2017/01/16

umeko

14
時代毎に丁寧にまとめられていて勉強になった。東大寺南大門の仁王像の迫力に慶派の華々しさを感じていたが、それでもやはり京都仏師が造仏界の中枢にいたことを知った。だからこそ、慶派の活躍が華々しく感じるのだろう。2015/11/03

chang_ume

12
仏師系譜から造仏体制の画期を追跡。止利仏師を例外として作者が匿名的な飛鳥・奈良期の官営工房体制から始まり、私的工房を率いて大規模造仏にあたる平安中期「康尚」の登場が、史料記載と造仏体制さらに僧綱位の画期とする。また定朝後のいわゆる正系三派(院派、円派、慶派)の成立と展開に関しても整理が行き届き、仏像史の基本文献となるだろう内容だった。個人的には奈良期から平安前期にかけての、仏像材質の変化、そして捻塑系から彫塑系への様式変遷が、和様成立の鍵ともなる画期と思われて、9世紀前後の造仏事業を知りたいところです。2021/03/22

heslkst

7
仏師の流れがなんとなくわかった。 端々にある仏の写真が素敵だった。カラーならもっと良かったけど。 実物も見てみたいなぁ2016/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6862533

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。