歴史文化ライブラリー<br> 陸軍登戸研究所と謀略戦―科学者たちの戦争

個数:

歴史文化ライブラリー
陸軍登戸研究所と謀略戦―科学者たちの戦争

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 08時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784642057370
  • NDC分類 391.6
  • Cコード C0320

内容説明

陸軍登戸研究所関係者が明らかにする謀略戦・秘密戦の実態とは。最新の科学技術を駆使して研究・開発された風船爆弾・スパイ用兵器・偽造紙幣などの兵器。戦争に動員された科学者たちの姿から、戦争と科学の関係を描く。

目次

「謀略の丘」で考える―プロローグ
登戸研究所の誕生(陸軍科学研究所と秘密戦研究;登戸研究所の実態―研究内容と研究体制)
兵器の研究・開発と謀略戦(第一科の活動内容―物理学兵器の研究・開発;第二科の活動内容―生物化学兵器とスパイ用品の研究・開発;第三科の活動内容―経済謀略活動の展開)
登戸研究所と科学者たちの本土決戦と戦後(本土決戦体制と登戸研究所;敗戦と登戸研究所;帝銀事件と登戸研究所)
「負の遺産」としての登戸研究所―エピローグ

著者等紹介

渡辺賢二[ワタナベケンジ]
1943年、秋田県に生まれる。1968年、横浜市立大学文理学部卒業。法政大学第二高等学校教諭を経て、明治大学文学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はおう

2
今では大戦末期のトンデモ兵器の代名詞のように言われる風船爆弾だが、昭和17年には開発されており、一定の合理性と科学者の知識でもって研究が進められていた。また、生物兵器開発は七三一部隊と関係があり、紙幣の偽造は戦後アメリカ軍に取り込まれた。著者は純粋な研究者ではなく、高校生や市民の熱意によって元所員たちのオーラルヒストリーを入手できたとしている2013/11/18

wang

1
特にその存在が秘密扱いされた特殊な研究所の実態。法律文書上も記述が存在しないなど、ほとんど資料が残っていない。さらに従事した人々の罪悪感から積極的に発言する人もいなかった。が、当時勤務していた人に直接取材した高校生の熱意によって徐々に後世に伝える気持ちを起こさせ、さらにたまたまタイピング練習用に個人的に残っていた庶務書類から色々のことが見えてきた。風船爆弾、細菌化学兵器、スパイ用の秘密筆記具や偽札など謀略用の兵器など。中野学校や731部隊との関連。そして戦後も米軍に協力する流れなども興味深い。2019/03/12

seychi

1
今となってはバカバカしい研究だなあと思う怪光線も当時はかなり真剣にやってたんだなと。風船爆弾は成功した例だがここに細菌兵器を搭載しなかった判断は正解。しっかし731部隊もそうだし戦後戦犯免責と引き換えにアメリカに渡った技術のその先はどうなったか知りたい所。2014/08/14

onepei

1
史料の引用に紙幅をさきすぎでは。2012/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4516946

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。