歴史文化ライブラリー
銃後の社会史―戦死者と遺族

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784642056038
  • NDC分類 369.37
  • Cコード C0320

内容説明

戦死した兵士の家族は、一家の働き手を奪われる理不尽さをどう受け入れたのか。遺族への扶助料や未亡人への仕事斡旋など、国家が目指したシステムとしての「遺族」の形を検証。社会は戦争をどう支えたのかに鋭く迫る。

目次

「一つの花」をめぐって―プロローグ
遺族になるまで
遺族となって―その生活実態
“名誉の遺族”という名の監視体制
敗戦直後~占領期の遺族たち
遺族と社会、遺族と国家―エピローグ

著者等紹介

一ノ瀬俊也[イチノセトシヤ]
1971年、福岡県に生まれる。1998年、九州大学大学院比較社会文化研究科博士後期課程中退。現在、国立歴史民俗博物館助手、博士(比較社会文化)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。