歴史文化ライブラリー
関東大震災と戒厳令

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784642055628
  • NDC分類 210.69
  • Cコード C0320

内容説明

大震災直後の戒厳令下、6000名以上の朝鮮人や700名以上の中国人らが殺害された。軍隊と警察は、流言蜚語(デマ)に惑わされた民間人の自警団による虐殺を抑制する側だったのか?デマの出所等から、隠された真実を暴く。

目次

戒厳令下の軍隊(戒厳司令部設置前の状況;戒厳司令部設置後の状況)
軍隊と朝鮮人・中国人虐殺(虐殺数の解明をめぐって;陸軍の対応;海軍の対応;軍人による虐殺の実態)
「三大テロ事件」と流言蜚語(「三大テロ事件」と歴史的背景;流言蜚語をめぐって)
自警団と地域社会(自警団の実態;虐殺が起きなかった地域―南多摩郡日野町・七生村)

著者等紹介

松尾章一[マツオショウイチ]
1930年、朝鮮京城府に生まれる。1962年、法政大学大学院博士課程単位修得。1971年、文学博士。現在、法政大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。