人物叢書<br> 黒田孝高 (新装版)

個数:
電子版価格
¥2,640
  • 電書あり

人物叢書
黒田孝高 (新装版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月18日 08時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 335p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784642053082
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1323

出版社内容情報



中野 等[ナカノ ヒトシ]
著・文・その他

内容説明

黒田官兵衛、如水として知られた武将。虚実交々に語られてきた人物像を史実から再構築!

目次

第1 播磨・黒田家
第2 小寺家の家臣として
第3 羽柴秀吉への臣従
第4 中国・四国経略
第5 九州平定
第6 豊前での領国支配と家督移譲
第7 失意の朝鮮出兵
第8 再起を期した「関ヶ原」
第9 孝高の晩年と慰め
第10 孝高の死

著者等紹介

中野等[ナカノヒトシ]
1958年福岡県生まれ。現在、九州大学大学院比較社会文化研究院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MUNEKAZ

20
書名が「官兵衛」でも「如水」でもないところに、確かな史料を基に実像を描くんだという意気込みを感じたり。「軍師」ではないのは当然だが、その虚像がなくなっても、なお優れた武将の姿が残るのは流石。個人的には秀吉との緊張感あふれる関係が読みどころで、毛利家との交渉などで抜群の信頼を得ながらも、朝鮮の役ではスケープゴートとして猛烈な叱責を浴び、失脚寸前なのが印象に残る。またその毛利とのパイプや政権内での位置が、関ヶ原での去就に繋がったのも面白い。播磨の国衆から筑前の国持大名へ。激動の時代を懸命に生きた姿がある。2022/10/09

うしうし

6
黒田孝高(官兵衛)については、大河ドラマが放映されていた時期(2014年)に次々と刊行されていた新書などを数冊読んだ。本書は一次史料を最重要視した書籍で、私には難しく、ようやく読み終えたという感想。例えば、官兵衛の祖父(重隆)の時代に目薬を売って財を築いたという伝承などには全く触れられていない。その内容をさらに理解するためには、再読必至であるが、孝高の養子であった松寿(p195~196)や岡田三四郎利良(旧豊臣秀次家臣で後に黒田監物と称し、領国経営などで活躍・p202)のことは、本書で初めて知った。2023/01/13

とりもり

2
「黒牢城」で黒田官兵衛に興味を持ち、物語ではない史実を知りたくて読了。一体、どこから「軍師」のイメージが定着したのか謎なレベル。「軍師」として活躍した形跡はないし、むしろ秀吉の朝鮮出兵やその後の九州制圧での動きは、秀吉や家康に翻弄される一戦国武将以外の何者でもない。但し、キリシタンなのに秀吉に排斥されなかったり、西軍(本書では奉行方)に与しながら家康からも(国変えはあったが)所領を与えられるなど、その処世術が軍師のイメージにつながっているのかも。歴史小説によって創られる人物イメージって恐ろしい。★★★☆☆2023/01/28

アキンドン

0
黒田官兵衛孝高の生涯を、一次史料から再構築した一書。人口に膾炙する「軍師」としてのイメージは江戸期や明治期の著書によって作られた。実際の官兵衛孝高はどのような人物だったのか? 日本歴史学会が著する一書。2024/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19962438
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。