人物叢書 新装版<br> 副島種臣

個数:

人物叢書 新装版
副島種臣

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月19日 01時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 241p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784642052610
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1323

内容説明

明治初期の外務卿。幕末、西南雄藩佐賀の急進派として活躍し、新政府では樺太国境問題・琉球帰属問題・マリア=ルス号事件を担当。その辣腕により日本の威信を世界に知らしめる。明治六年の政変で下野し、民撰議院設立建白に参加するが、明治天皇の信任篤く、侍講や内務大臣・枢密顧問官を歴任。明治国家建設に賭した威厳満々たる生涯を追跡する。

目次

第1 維新の佐賀藩志士
第2 明治新政府の設計
第3 副島外交の展開
第4 清国訪問
第5 周辺諸国との国交談判
第6 帝王の師傅へ
第7 内務の重責
第8 晩年の蒼海伯

著者等紹介

安岡昭男[ヤスオカアキオ]
1927年生まれ。1963年法政大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得修了。現在、法政大学名誉教授・文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あまたあるほし

2
政治の目的は蒙昧蛮野の俗を改め、文明善良の域に進むことにある。国家の発展には個人の自由権理を尊重す。人民の幸福安全は国家の幸福安全。2012/04/16

Y_Michiari

0
明治天皇の信任厚い佐賀藩の頭脳と言って良い人物。しかし、残念ながら本書には、副島伯の佐賀時代、もっと言えば幼少期について数行で終わっており、残りは幕末明治の役割で、多少残念に思いました。マリアルス号事件や清国の三跪九叩頭の礼を跳ね除ける場面は面白かったです。が、私は副島伯が幼少学んだ弘道館などの歴史を知りたかったのでちょっと残念でした。2015/07/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4643799

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。