巣鴨日記 正・続―昭和21年4月29日~25年11月21日

個数:

巣鴨日記 正・続―昭和21年4月29日~25年11月21日

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月30日 19時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 672p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642039086
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C3021

出版社内容情報

正編(昭和二十一年(一九四六年)〈四月~十二月〉/(昭和二十二年(一九四七年)〈一月~十二月〉/昭和二十三年(一九四八年)〈一月~十一月〉)/続編(昭和二十三年(一九四八年)続〈十一月~十二月〉/昭和二十四年(一九四九年)巳丑〈一月~十二月〉/昭和二十五年(一九五〇年)庚寅〈一月~十一月〉)/重光 葵『巣鴨日記 正・続(合本新装版)』解題…一ノ瀬俊也/索引

内容説明

戦時中に外務大臣を務め、降伏文書に調印した重光葵が、巣鴨プリズンで書いた貴重な日記史料。一九五三年刊行より六十八年、逮捕から判決までの『巣鴨日記』と、受刑者生活の開始から保釈までの『続巣鴨日記』を合本して復刊する。ほぼ毎日記され、東京裁判法廷でのやりとりやA級戦犯の肉声などは史料価値が高い。解題と索引を新たに付載する。

目次

巣鴨日記(昭和二十一年(一九四六年)
昭和二十二年(一九四七年)
昭和二十三年(一九四八年))
続巣鴨日記(昭和二十三年(一九四八年)続
昭和二十四年(一九四九年)巳丑
昭和二十五年(一九五〇年)庚寅)
重光葵『巣鴨日記 正・続(合本新装版)』解題(一ノ瀬俊也)

著者等紹介

重光葵[シゲミツマモル]
1887年大分県に生まれる。1911年東京帝国大学法科大学独法科卒業。外務省に入省し、駐ソ大使、駐華大使、外務大臣などを歴任。1945年首席全権として降伏文書に調印、極東国際軍事裁判で禁錮七年の判決を受け巣鴨の東京拘置所に拘留。1950年仮出所、翌年刑期を終える。改進党総裁に就任、衆議院議員となり日本民主党副総裁、鳩山内閣に副総理、外相として入閣。1957年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

金吾

20
貴重な一次資料だと思いました。東京裁判の描写は淡々と書いているものの真に迫るものがあります。また判決後のA級戦犯内における死刑の有無について当事者の日記を読むことにものの哀れを感じました。2021/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18625564
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。