沖縄返還後の日米安保―米軍基地をめぐる相克

個数:

沖縄返還後の日米安保―米軍基地をめぐる相克

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月17日 02時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642038553
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C3031

出版社内容情報

なぜ米軍基地の集中化が方向づけられたのか。返還前後?80年代の動きを分析。多様に絡み合う要因を追及し、基地問題の起源に迫る。1970年代は沖縄返還が果たされた一方、米軍基地の集中化が進行した時期でもあった。なぜこの時期に基地の「固定化」が方向づけられたのか。これまで本格的な歴史研究が殆んどされてこなかった沖縄返還前後から80年代の動きを、日米両国の史料や聞き取り調査をもとに分析。多様に絡み合う要因を追及し、今日まで続く沖縄基地問題の起源に迫る。



序章 本書の課題と分析の視角/米国のアジア戦略再編と沖縄返還交渉 一九六四?六九年(沖縄返還問題の論点化/転機としての一九六八年/日米両政府の沖縄返還交渉方針の形成/沖縄返還交渉の展開と妥結)/沖縄返還実現と米軍基地縮小問題 一九七〇?七二年(「ニクソン・ドクトリン」の実施/沖縄返還協定の調印/米中接近と沖縄返還の実現)/沖縄米軍基地縮小への模索 一九七二?七四年(施政権返還後の米軍基地縮小要求/日米協議の開始/沖縄米軍基地の整理縮小をめぐる協議の妥結)以下細目略/サイゴン陥落と沖縄米軍基地の再編 一九七四?七六年/日米安全保障関係の進展と沖縄米軍基地 一九七七?八五年/終章 施政権返還後の沖縄米軍基地と日米沖関係

野添 文彬[ノゾエ フミアキ]

内容説明

一九七〇年代は沖縄返還が果たされた一方、米軍基地の集中化が進行した時期でもあった。なぜこの時期に基地の「固定化」が方向づけられたのか。これまで本格的な歴史研究が殆んどされてこなかった沖縄返還前後から八〇年代の動きを、日米両国の史料や聞き取り調査をもとに分析。多様に絡み合う要因を追及し、今日まで続く沖縄基地問題の起源に迫る。

目次

序章 本書の課題と分析の視角
第1章 米国のアジア戦略再編と沖縄返還交渉 一九六四~六九年
第2章 沖縄返還実現と米軍基地縮小問題 一九七〇~七二年
第3章 沖縄米軍基地縮小への模索 一九七二~七四年
第4章 サイゴン陥落と沖縄米軍基地の再編 一九七四~七六年
第5章 日米安全保障関係の進展と沖縄米軍基地 一九七七~八五年
終章 施政権返還後の沖縄米軍基地と日米沖関係

著者等紹介

野添文彬[ノゾエフミアキ]
1984年滋賀県に生まれる。2006年一橋大学経済学部卒業。2012年一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。現在、沖縄国際大学法学部地域行政学科准教授、博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。