近代家族と子育て

個数:

近代家族と子育て

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年08月02日 11時57分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 269,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642038195
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C3021

内容説明

家族や母親に子育ての責任が負わされる状況は、歴史のなかでどのようにして形成されてきたのか。近代の家族規範のもとで、女・男・子どもはいかに生きてきたのか。現代の家族や子育ての規範を改めて問い直す注目の一冊。

目次

「近代家族と子育て」への問い
1 「家庭」のなかの女・男・子ども―生活世界としての「家庭」に生きる(「家庭」と「子ども」の誕生―「家」から「家庭」へ;近代家族の妻・母として―三宅やす子の場合;近代家族の夫・父として―三宅恒方の場合;育児を担う母・消える父)
2 「保護される子ども」と「育児」(「保護される子ども」の近代―親子心中と捨て子;「つくるもの」としての「保護される子ども」―つくられた“童心”;「教育熱心」の構造―少なく産んで「よりよく育て」る;「母性」「父性」を問う―「男女協力」と「親性」へ ほか)

著者等紹介

沢山美果子[サワヤマミカコ]
1951年福島県に生まれる。1979年お茶の水女子大学大学院博士課程人間文化研究科人間発達学専攻単位取得退学。現在、岡山大学大学院社会文化科学研究科客員研究員、国立民族学博物館特別客員教員(教授)学術博士(お茶の水女子大学)。主要著書、『出産と身体の近世』(勁草書房、1998年 第一四回女性史青山なを賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。