有斐閣選書<br> 臨床社会学の実践

個数:
  • ポイントキャンペーン

有斐閣選書
臨床社会学の実践

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 318,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641280540
  • NDC分類 361
  • Cコード C1336

内容説明

社会学のトレーニングを受け、福祉、医療、宗教、異文化接触などの臨床の現場に身を置いた人たちが、自らの体験をさらけ出し、社会学の新たな展開を展望しつつ、臨床場面での社会学の役割、「役に立つ」社会学の可能性を探る。理論と実践の往復運動の中で苦闘する姿から社会学の新しい動きが伝わる、臨床社会学への誘い。

目次

第1章 集団療法の臨床社会学
第2章 臨床社会学の体験と方法―精神看護の実践・研究・教育を通して
第3章 探究的野外調査から臨床社会学的実践へ―精神障害者福祉現場の経験
第4章 老いとケアの臨床社会学
第5章 ホスピスの臨床社会学―主流医療への合流がつくりだしたもの
第6章 「呆けゆく」体験の臨床社会学
第7章 なおすことについて
第8章 「死別」と「悲嘆」の臨床社会学
第9章 子ども虐待防止の臨床社会学―困難と可能性
第10章 “内なる異文化”への臨床社会学―“臨床の智”を身につけた社会のオペレーターのために
第11章 死(デス)と喪失(ロス)に向かいあう

著者等紹介

野口裕二[ノグチユウジ]
東京学芸大学教授

大村英昭[オオムラエイショウ]
関西学院大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

社会学のトレーニングを受け,福祉,医療,ボランティア,宗教などの
臨床現場に身を置いた人たちが,自らの体験をさらけだし,臨床社会学の可能性を探る。
「理論と実践の往復運動」の中で苦闘する姿から,社会学の新たな動き,
臨床社会学が求めているものが見えてくる。

   《主な目次》
第1章 集団療法の臨床社会学=野口裕二
第2章 臨床社会学の体験と方法=宮本真巳
第3章 探求的野外調査から臨床社会学的実践へ=藤井達也
第4章 老いとケアの臨床社会学=木下康仁
第5章 ホスピスの臨床社会学=早坂裕子
第6章 「呆けゆく」体験の臨床社会学=出口泰靖
第7章 なおすことについて=立岩真也
第8章 「死別」と「悲嘆」の臨床社会学=水津嘉克
第9章 子ども虐待防止の臨床社会学=石川洋明
第10章 “内なる異文化”への臨床社会学=新原道信
第11章 死(デス)と喪失(ロス)に向かいあう=大村英昭