有斐閣ブックス<br> 事例に学ぶ法医学・医事法 (第3版)

個数:

有斐閣ブックス
事例に学ぶ法医学・医事法 (第3版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月15日 17時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 411p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641183919
  • NDC分類 498.9
  • Cコード C1332

内容説明

法医学と医事法の基本的知識を、事件・事故・過労・虐待等にかかる死亡、診療関連死など多くの「事例」を通じて、学ぶことができるように工夫されたテキスト。法学部および医学部の学生のみならず、法曹実務家、臨床医、医療安全担当者、医療・警察行政官にも推奨できる一冊。

目次

異状死と死因決定の制度
死亡診断書・死体検案書:死因の考え方と書き方
死体現象
内因性急死、突然死
労災と過労死
損傷総論
頭部外傷と脳出血
胸腹部内臓損傷、脊椎・脊髄損傷
ショックと関連する病態および塞栓症など
交通事故損傷〔ほか〕

著者等紹介

吉田謙一[ヨシダケンイチ]
1979年愛媛大学医学部卒業。1983年愛媛大学大学院医学研究科修了(法医学専攻)、医学博士号取得。現在、東京大学大学院医学系研究科教授(法医学講座)、東京都非常勤監察医、法医学会理事、日本予防医学リスクマネージメント学会理事、日本賠償科学会監事。所属学会:日本法医学会、日本生化学会、日本循環器学会、日本病態生理学会、日本予防医学リスクマネージメント学会、日本賠償科学会。研究分野:虚血や中毒物質による細胞障害・細胞死・個体死の分子機構、心臓突然死、医事法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件