有斐閣ブックス
犯罪・非行の心理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 282p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641183476
  • NDC分類 326.34
  • Cコード C1311

内容説明

なぜ人は犯罪や非行を起こすのか。犯罪や非行に対して、社会はどのように対応すればよいのか。犯罪や非行を起こした人への改善更生の方法とはいかなるものか。犯罪・非行について、心理学を中心としつつ、法律学、刑事政策学、社会学、精神医学などの視点も取り入れ、基礎的な内容から最新の知見までを平易に解説した入門テキスト。

目次

第1部 犯罪・非行の基礎(犯罪・非行心理学を学ぶにあたって;犯罪・非行研究の基礎理論;犯罪・非行の個別的要因(1)パーソナリティ要因
犯罪・非行の個別的要因(2)発達障害 ほか)
第2部 犯罪・非行の心理臨床(犯罪・非行の心理臨床の基礎;犯罪者・非行少年の処遇システム;犯罪者・非行少年のアセスメント;犯罪・非行の治療教育 ほか)

著者等紹介

藤岡淳子[フジオカジュンコ]
大阪大学大学院人間科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。