有斐閣insight<br> グローバリゼーション―現代はいかなる時代なのか

個数:

有斐閣insight
グローバリゼーション―現代はいかなる時代なのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月29日 21時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641178045
  • NDC分類 319
  • Cコード C1336

内容説明

二十世紀後半以降に急速に進んだ、「グローバリゼーション」と呼ばれる地球的規模の相互依存。今や国内領域と国外領域、政治と経済と文化を、切り離して論ずることはできない。中世と近代の社会的要素が混在した十七世紀の社会と、多くの類似点をもつ現代社会が形成する、入れ子状のネットワークと、その境界のゆらぎが生み出す新たな社会の可能性を、近代以降の歴史の中で問い直す。

目次

序章 社会の地殻変動としてのグローバリゼーション
第1章 主権国家とウェストファリア体制の誕生
第2章 国際化とその前史
第3章 国際化から超国際化へ
第4章 機能分化の変容
第5章 グローバル社会の構造と理論
終章 グローバリゼーションの行方

著者等紹介

正村俊之[マサムラトシユキ]
1953年、東京都に生まれる。1983年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。関西学院大学社会学部助教授を経て、東北大学大学院文学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

抹茶ケーキ

0
グローバリゼーションについてかなり長いタイムスパンで記述。具体的には16世紀くらいから。他の本だと今の話とか近年の話しかしないので、そういう全体像が理解できる本は貴重だと思った。ただ、ルーマンを結構使ってたけど、何か違うんじゃないかなって思うとこがいくつかあった。2016/05/19

kenken

0
網羅的なイントロ的講義をするために。第4章でルーマンの機能分化で変容を説明しようとするところがいかにも社会学者(だが一番しっくりこない)。ところで「アラブの春」で垣間見られた当たり前のナショナリズムや昨今の領土問題を考えるためには、現代のグローバル化に対して主権国家が存続、衰退あるいは変容しているのか、という問いの立て方ではどうもうまく説明できないような気がする。困ったな。2012/10/10

void

0
【★★★★☆】コンパクトかつ平易に要点が記述されているのでサクッと全体を振り返れる。ウエストファリア体制から現代までという通史の1~3章は特に目新しさはないものの、4章の宗教関連と、著者の持ち味(らしい)「入れ子構造」でのグローバル社会の把握が興味深い。2012/04/29

spikyhair

0
★★★★★

ささかま

0
わかりやすかった。広くカバーしてるのに、コンパクトでした。2009/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/442983

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。