雇用関係と社会的不平等―産業的シティズンシップ形成・展開としての構造変動

個数:

雇用関係と社会的不平等―産業的シティズンシップ形成・展開としての構造変動

  • ウェブストアに32冊在庫がございます。(2021年03月09日 19時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 368p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784641174580
  • NDC分類 366.21
  • Cコード C3036

内容説明

1980年代半ば以降30年にわたる「雇用改革」は、雇用関係をどのように変え、社会的不平等と排除のパターンにどのような影響を与えたのか。「産業的シティズンシップ」に着目し、日本の正規雇用と非正規雇用の格差拡大のメカニズムを一貫した論理で鋭く追究する。

目次

第1部 産業的シティズンシップによる不平等と排除(雇用関係の形成と産業的シティズンシップ;企業別シティズンシップの形成)
第2部 労働市場の規制緩和と再規制―企業別シティズンシップによる平等の限界(労働市場の新しい分断―規制緩和による非正規雇用の拡大;労働市場の再規制―分断の意図しない正当化と可視化;非正規雇用を生きる若年男性―去勢されたライフコースで経験する葛藤)
第3部 正規雇用者管理の厳格化―企業別シティズンシップによる階層化の進展(裁量労働制の拡大―労働時間の規制緩和と努力の再交渉による労働者の分断;成果主義労務管理制度の導入―「努力」の再交渉による階層化;階層化としての多様化―「義務」遂行能力による選別と限定正社員)
第4部 結語―分断化・階層化の認識基盤とその変化(日本的雇用関係の変化と社会的不平等の構造―変わる企業別シティズンシップへの認識)

著者等紹介

今井順[イマイジュン]
上智大学総合人間科学部社会学科教授。国際基督教大学教養学部卒業。住友銀行(当時)に勤務の後、国際基督教大学大学院を経てニューヨーク州立大学ストーニーブルック校大学院で社会学を専攻(Ph.D.Sociology)。ドイツ、デュースブルグ・エッセン大学東アジア研究所・社会学部研究員兼講師、東北大学大学院文学研究科助教、北海道大学大学院文学研究科准教授を経て、2018年より現職。専門は雇用関係論、労働社会学、経済社会学、日本研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。