グループ・ダイナミックス―集団と群集の心理学

個数:
  • ポイントキャンペーン

グループ・ダイナミックス―集団と群集の心理学

  • 釘原 直樹【著】
  • 価格 ¥2,420(本体¥2,200)
  • 有斐閣(2011/03発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 44pt
  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2021年10月27日 05時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641173781
  • NDC分類 361.44
  • Cコード C1011

内容説明

人は、他者やグループとのつながりの中で生活を営む「社会的動物」である。人が多数集まった際にどのような行動や現象が生じるのかを、具体的な研究例や実際に起こった事件の分析なども取り入れつつ解説した入門書。特に集合行動に力点をおいた。

目次

第1部 集団(集団とは何か;集団のパフォーマンス;集団意思決定;リーダーシップ―軍隊のリーダーシップを中心として)
第2部 集合と群集(集合・群集の行動;集合行動の理論;群集行動の実証的研究―アーカイブ分析、野外実験;危機事態の行動―パニック;危機事態の行動の実証的研究;スケープゴート現象;テロリズム)

著者等紹介

釘原直樹[クギハラナオキ]
1952年生まれ。1982年、九州大学大学院教育学研究科博士課程満期退学(博士、教育心理学)。2003年より大阪大学大学院人間科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

GASHOW

9
人は、社会性のある生き物なので、結局人間の本質は集団の中に投影される。集団意思決定の観点で科学のいろいろな事柄が取り上げられて面白かった。2018/01/16

ANOMARO

7
この本の何がいいって、装丁がいい。 筆跡の息遣いを殺した先に現れる、均一で――しかし、それゆえ個性的な――角ばったフォントに、血を思わせる濃い赤。これだけで、過ぎ去った時代精神を現在に予感させ、科学のメスの鈍い光に惑わされながら私が書架に手を伸ばすには十分だった。つまりまだ読んでない。

ソーシャ

2
集団・群衆心理学の読みやすいテキスト。集団思考、リーダーシップ、パニック、テロリズムなど実際に起こった事件などを検討しつつ、さまざまな知見が分かりやすく解説されており、この分野の知見を知るにはいい本だと思います。基本的な考え方や実験手法について述べられているのもいいですね。2014/05/16

MasakiZACKY

2
集団・集合・群集について心理学が明らかにしてきた知見を紹介した一冊。非常にたくさんの研究を引用しながら幅広いテーマに言及している。集団のパフォーマンスや意思決定・リーダーシップ・パニック・スケープゴート・テロリズムについては章を設けて特に詳細に記述してある。著者自身の研究は特に詳細に解説されている。少々妥当性に疑問のある研究もあるが、どれも発想力豊かで面白いものばかり。特に危機事態の行動が興味深かった。災害とも関連し、とりわけこの種のことに注目されている昨今、どのように研究成果が生かされていくのだろうか。2013/11/20

Go Extreme

1
集団とは何か:機能 発達 構造 集団のパフォーマンス;影響する要因 社会的手抜き 集団意思決定:問題点 集団浅慮 リーダーシップ─軍隊のリーダーシップを中心として:定義 4要因 リーダー 部下 状況 コミュニケーション 原理 集合と群集 集合・群集の行動:集合行動 群衆行動 敵意 興味・娯楽・利益 恐怖・不安 流言 集合行動の理論 群集行動の実証的研究─アーカイブ分析 野外実験 危機事態の行動─パニック:野生・非理性モデル 危機事態の行動の実証的研究 スケープゴート現象 テロリズム:心理学的説明 原因2021/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2992626

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。