憲法学の現代的論点 (第2版)

個数:

憲法学の現代的論点 (第2版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 479p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784641130425
  • NDC分類 323.01

内容説明

幾重にも折り重なる憲法学の地層。深く掘り進み、先人の足跡を知る。豊かな知の営みのひとつひとつを辿りながら、しかして、いま、その先に何を刻むのか。憲法学の行方をも問いかける、一連の挑戦。第2版では、「憲法訴訟論」「地方自治の本旨」「教育の自由」にも焦点を当て、そこにある「現代的論点」を炙り出す。

目次

第1部 憲法総論・統治機構(憲法・憲法解釈・憲法学;法秩序における憲法;憲法と立憲主義;9条・平和主義と自衛隊;立憲主義と議会;「行政権は、内閣に属する」の意義;司法権の概念;憲法訴訟論;地方自治の本旨)
第2部 基本的人権(「憲法上の権利」の解釈枠組み;私人間効力の理論的意味;個人としての尊重と公共性;公務員の人権;平等原則;信教の自由の展開;表現の自由の保障構造;放送の自由;「教育の自由」;投票価値の平等について)