有斐閣アルマ
現代日本経済 (新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 462p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641122970
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C1333

内容説明

戦後日本経済を歴史的な構造転換に即し、サブシステムの形成(発生の論理)・定着(制度化の論理)・変容(洗練の論理)を軸として描き出した定番テキスト。新版では、データを更新し、バブル崩壊後の叙述を拡充した。

目次

現代日本経済をみる眼―日本経済の転機をどうとらえるか
第1部 戦後改革と復興(戦後改革―日本型企業システムの発生;経済復興―遅れた復興と潜在成長力)
第2部 高度成長のメカニズム(概説―国際収支の「天井」と産業のダイナミズム;産業政策の効果―市場メカニズムの間接的援助 ほか)
第3部 石油危機と経済構造の転換(概説―安定成長への転換;赤字国債―石油危機と行財政改革 ほか)
第4部 債権国・経済大国への道(概説―安定成長からバブル経済へ;債権大国日本―世界一の純債権国に ほか)
第5部 バブル崩壊と日本型企業システムの転換(概説―長期停滞とその克服;東アジアの台頭―アジア間ネットワークの緊密化と対外開放の進展 ほか)
日本型企業システムの転換点―新日本型ハイブリッドに向けて

著者等紹介

橋本寿朗[ハシモトジュロウ]
1946年生まれ。1969年、東京大学経済学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程を経て(経済学博士)法政大学経営学部教授、2002年1月死去

長谷川信[ハセガワシン]
1951年生まれ。1974年、東京大学経済学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程を経て、青山学院大学経営学部教授

宮島英昭[ミヤジマヒデアキ]
1955年生まれ。1978年、立教大学経済学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程を経て、早稲田大学商学学術院教授(商学博士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。