多元的世界の政治哲学―ジョン・ロールズと政治哲学の現代的復権

  • ポイントキャンペーン

多元的世界の政治哲学―ジョン・ロールズと政治哲学の現代的復権

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 300p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641076631
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C3031

内容説明

多元的世界における政治哲学の衰退~復権の枠組みを描き出し、ロールズ政治哲学の全体像と論理、現実的意義を明らかにする。

目次

政治哲学の現代的復権
政治哲学の衰退と再生
政治哲学復権の系譜(シュトラウスとロールズ;マルクス主義とロールズ)
価値多元社会と正義の正当化
価値多元社会と福祉国家
価値多元社会と租税国家―ロールズの正義論と課税原理
グローバル時代の政治哲学

著者等紹介

伊藤恭彦[イトウヤスヒコ]
1961年愛知県に生まれる。1984年岡山大学法学部卒業。1990年大阪市立大学大学院法学研究科単位取得。専攻は政治哲学。静岡大学人学部講師を経て、現在、静岡大学人文学部助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

多元的世界における政治哲学の衰退~復権の枠組みを描き出し、ロールズ政治哲学の全体像と論理、現実的意義を解明する。