• ポイントキャンペーン

援助するということ―社会福祉実践を支える価値規範を問う

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 261,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784641076549
  • NDC分類 369
  • Cコード C1036

内容説明

ノーマリゼーション、自立支援、自己決定の尊重やエンパワメントなど、社会福祉実践を支える価値規範は、「社会をどうとらえるか」(社会観)、「人間を人間たらしめている価値とは何か」(人間観)、「あるべき援助とはどのようなものか」(援助観)という問いの中から生み出されてきた。いま、社会福祉基礎構造改革等の中で、価値規範の再点検・再構築が必要とされている。社会福祉学の新しい問題意識・アプローチを提示する注目の意欲作。

目次

第1章 社会福祉援助の価値規範―社会と個人の交錯するところ(古川孝順)(援助活動の社会的基盤;社会福祉の二つの機能―社会的機能と福祉的機能 ほか)
第2章 なぜ「自立」社会は援助を必要とするのか―援助機能の正当性(岩崎晋也)(「自立」を求める社会;「自立」と対立する援助 ほか)
第3章 援助者は「友人」たりうるのか―援助関係の非対称性(稲沢公一)(リッチモンドの提起した問題;ロジャーズとブーバー ほか)
第4章 誰が「自己決定」するのか―援助者の責任と迷い(児島亜紀子)(社会福祉援助領域における各行為主体の関係;“自己決定”が呼び込んだ誤認/駆り立て ほか)

著者等紹介

古川孝順[フルカワコウジュン]
1942年生まれ。日本社会事業大学社会福祉学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。社会福祉学博士。現在、東洋大学社会学部長・教授

岩崎晋也[イワサキシンヤ]
1961年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。東京都立大学大学院社会科学研究科社会福祉学専攻博士課程中退。現在、法政大学現代福祉学部助教授

稲沢公一[イナザワコウイチ]
1960年生まれ。東京大学文学部卒業。東洋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。社会福祉学博士。現在、東洋大学社会学部助教授

児島亜紀子[コジマアキコ]
1961年生まれ。東洋大学社会学部社会福祉学科卒業。東洋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。社会福祉学博士。現在、大阪府立大学社会福祉学部講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「社会福祉において援助するということ」の意味を根元的に問う理論書。「ノーマライゼーション」「自己決 定」「エンパワーメント」など,援助実践のなかで自明とされてきた価値規範を問い直し,社会福祉基礎構造 改革等現代の社会状況に照らした再点検・再構築に挑む。
「なぜ,私と個人的関係がない人を援助しなければならないのか」。援助の現場にいる人が一度は突きつ けられる援助の本質をめぐるさまざまな問いに,社会福祉学はどう答えるか。伝統的な社会福祉学研究の 枠組みにとらわれない,新しい問題意識からのアプローチを提示する,注目の意欲作。

《主な目次》
序 なぜ援助するのか=岩崎晋也
第1章 社会福祉援助の価値規範――社会と個人の交錯するところ=古川孝順
第2章 なぜ「自立」社会は援助を必要とするのか――援助機能の正当性=岩崎晋也
第3章 援助者は「友人」たりうるのか――援助関係の非対称性=稲沢公一
第4章 誰が「自己決定」するのか――援助者の責任と迷い=児島亜紀子