日本列島人類史の起源―「旧石器の狩人」たちの挑戦と葛藤

個数:

日本列島人類史の起源―「旧石器の狩人」たちの挑戦と葛藤

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月24日 08時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784639023135
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C0021

内容説明

N.G.マンローの旧石器探索から砂原遺跡調査まで。日本列島人類史の始原を追い求めた研究者「旧石器の狩人」たちの足跡を追い、「前期旧石器遺跡発掘捏造事件」に至る経緯と、その後の前期旧石器研究の到達点を俯瞰するなかから、今後の課題と展望を示す。

目次

旧石器の狩人
相沢忠洋と岩宿の発見
青森県金木の偽石器問題
前期旧石器の探索
野尻湖底立が鼻遺跡の再検討
前期旧石器遺跡発掘捏造事件
竹佐中原遺跡と入口遺跡
岩手県金取遺跡の年代研究
砂原遺跡の発掘調査
砂原遺跡の旧石器
砂原遺跡の年代決定
砂原発掘成果の公表
出雲市板津発見の前期旧石器
今後の研究展望

著者等紹介

松藤和人[マツフジカズト]
1947年長崎県生まれ。1978年同志社大学大学院文学研究科文化史学専攻博士課程中退。現在、同志社大学文学部教授、大学院文学研究科博士後期課程任用教員、西北大学客員教授、中国科学院古脊椎動物古人類研究所客員研究員。博士(文化史学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。