泰緬鉄道―機密文書が明かすアジア太平洋戦争

個数:

泰緬鉄道―機密文書が明かすアジア太平洋戦争

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 360p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784639021674
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C3022

内容説明

映画『戦場にかける橋』に描かれた泰緬鉄道の真実とは―。タイ国立公文書館に眠る当時の機密文書をはじめ関係諸文献から浮かび上がるその実像と歴史的背景。

目次

南方へ向かう日本鉄軍道隊:泰緬鉄道道建設計画
ビルマ占領とタイとの建設交渉
泰緬鉄道は軍用か民用か
鉄道隊の組織と建設基地
タイ人労務者とバーンポーン事件
連合国捕虜
捕虜の行軍と労働
疫病に倒れる捕虜
タイ国内外のアジア人労務者
クラ地峡横断鉄道
泰緬鉄道完工のころの日本軍・捕虜・労務者
泰緬鉄道の運行と機能
戦後の泰緬鉄道と戦争裁判

著者等紹介

吉川利治[ヨシカワトシハル]
1939年大阪市生まれ。1962‐64年タイ国立チェラーロンコーン大学文学部留学。1963年大阪外国語大学タイ語学科卒業。1964年大阪外国語大学タイ語学科助手。1985年大阪外国語大学地域文化学科タイ語専攻教授。1987‐89年京都大学東南アジア研究センター客員教授。1994‐95年東南アジア史学会会長。2002年タイ国立シンラパコーン大学文学部客員教授。2005年大阪外国語大学名誉教授。2009年タイ国アユタヤで急逝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。