映画界のドン 岡田茂の活動屋人生

個数:
  • ポイントキャンペーン

映画界のドン 岡田茂の活動屋人生

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 381p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784636885194
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0074

内容説明

映画を愛し、最後まで“プロデューサー”として映画に人生を捧げた活動屋の半生を描く。映画界のみならず、現代社会を生き抜くための1冊。

目次

岡田茂社長インタビュー(これだけはハッキリしておく―1972年(昭和47年)7月
新規事業開拓で年商800億へ―1972年(昭和47年)12月
49年の東映は激しく変貌する―1973年(昭和48年)11月
経営人材はどうしたら育つか―1974年(昭和49年)3月 ほか)
岡田茂対談(城戸四郎×岡田茂―所長プロデューサーはどうあるべきか?(1963年(昭和38年)1月)
岡田茂×鈴木〓(あき)成―年1回そこそこしか映画をみないインテリ層など相手にしていられない(1965年(昭和40年)10月)
岡田茂×今田智憲―東映映画部門これからの運命…(1968年(昭和43年)6月)
石田達郎×梅垣哲郎×岡田茂―情報化社会の中の販売チャンネル(1970年(昭和45年)11月) ほか)