ヤマケイ新書<br> ドキュメント御嶽山大噴火

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

ヤマケイ新書
ドキュメント御嶽山大噴火

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月12日 10時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784635510240
  • NDC分類 369.3
  • Cコード C0275

内容説明

2014年9月27日午前11時52分、9月最後の土曜日、素晴らしい好天と絶好の紅葉シーズン、そして昼どきの最もゆったりした時間帯で、多くの登山者でにぎわっていた御嶽山が、突然、大噴火した。そのとき何が起きたのか―。生還した登山者たちの証言を中心に、救助現場からの報告と研究者による分析を交え緊急出版!

目次

第1章 ドキュメント御嶽山の十日間
第2章 七つの証言(最初は積乱雲かなと思いました;生きて帰ることを強烈に考えていました;少しでも噴火から遠ざかろうと思いました;気づいたら、噴煙が上がっていました;二回目の爆発は耐えがたいほどでした;私たちは噴火の音を聞いていないんです;ああいう漆黒の闇を経験したのは初めてです)
第3章 科学的考察―信州大学研究室からの知見(御嶽山と水蒸気爆発;防災学から御嶽山を考える;噴火時の気象と降灰、そして降雪)
第4章 救助現場からの報告(緊急を要した行方不明者の捜索;御嶽山の一番長い日;困難を極めた捜索活動;災害派遣医療チームの苦悩;登山者を守った山小屋の役割)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件