Nature discovery books<br> タネはどこからきたか?

Nature discovery books
タネはどこからきたか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 111p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784635063371
  • NDC分類 471.1
  • Cコード C0045

内容説明

飛ぶ、はじける、流される。動物を利用し、世界を旅する。ときには踏まれ、焼かれ、100年もの眠りからさめる―。時空を超えるタネの大冒険と生命のふしぎ!小さくて大きなタネの世界へようこそ。

目次

1 タネの冒険(はじける―カラスノエンドウ・ヤマフジ・スミレ;風に乗って―クロマツ・タンポポ・オオアレチノギク;水に流れる―ハマシオン・ミズバショウ ほか)
2 タネの目覚め(芽生えるタイミングをはかる―ハマゴウ・ハコベ;春に芽生える―ブナ・サクラソウ・オオブタクサ;秋に芽生える―アレチノギク・ノアザミ・ナズナ ほか)
3 宝さがしゲーム(土壌シードバンクとは;シードバンクを見つける)

著者等紹介

鷲谷いづみ[ワシタニイズミ]
1950年東京生まれ。理学博士。筑波大学を経て現在は東京大学教授(農学生命科学研究科)。植物の生活史の進化や生態系の保全について研究しながら、各地の環境保全や環境教育の活動などにも提言をしている

埴沙萠[ハニシャボウ]
1931年生まれ大分県出身。作家でシャボテン研究家の龍胆寺雄に師事。東京農業大学に沙漠植物研究室を創設。企画設計を担当した伊豆大室山シャボテン公園に、沙漠植物研究室およびコレクションを移転後、山口県大郡に移り住んでシャボテンの研究生活を送る。68年より郷里大分で植物の生態写真家として活動をはじめる。現在は群馬県北部に移り住んで、雪の降る地帯の植物の撮影をつづけている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。