ヒューマンデザインテクノロジー入門―新しい論理的なデザイン、製品開発方法

個数:

ヒューマンデザインテクノロジー入門―新しい論理的なデザイン、製品開発方法

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784627955110
  • NDC分類 501.8
  • Cコード C3050

出版社内容情報

ヒューマンデザインテクノロジーとは人間優先及び魅力ある製品作りのためのデザイン・設計を支援する技術である.本書は企画からデザイン・設計・評価までを具体的に説明し,ユーザのニーズに応えた”魅力ある商品作りとは何か”のテクニックを丁寧に解説した入門書である.

■目次 ヒューマンデザインテクノロジーとは/企画からデザイン・設計・評価までのプロセス/ユーザーリクアイアメント抽出ステップ/状況把握ステップ/製品コンセプト構築ステップ/デザイン(総合化)ステップ/デザイン評価ステップ/購入後の使用実態調査およびHDTマネージメント/資料A(70デザイン項目/資料B(HDTの事例)

内容説明

「人間優先の魅力ある製品作りとは何か」。本書は、ヒューマンデザインテクノロジーの研究開発を長年進めてきた第一人者が、具体的に企画からデザイン・設計、評価まで、一貫してそのテクニックを丁寧に解説した入門書である。

目次

第1章 ヒューマンデザインテクノロジーとは
第2章 企画からデザイン・設計、評価までのプロセス
第3章 ユーザリクアイアメント抽出ステップ
第4章 状況把握ステップ
第5章 製品コンセプト構築ステップ
第6章 デザイン(総合化)ステップ
第7章 デザイン評価ステップ
第8章 購入後の使用実態調査およびHDTマネージメント
資料

著者等紹介

山岡俊樹[ヤマオカトシキ]
1971年千葉大学工学部工業意匠学科卒業。1971年東京芝浦電気(株)入社。1991年千葉大学自然科学研究科博士課程修了。1995年(株)東芝デザインセンター担当部長、(兼)情報・通信システム研究所ヒューマンインタフェース技術研究センター研究主幹。1998年和歌山大学システム工学部デザイン情報学科教授(学術博士)、現在にいたる。専門は人間工学、ヒューマンインタフェース、工業デザイン、製品開発。米国人間工学会(HFES)、ISO・TC159(人間工学)委員、Universal Access in the Information Society(UAIS)Journalのeditor、他を担当
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。