非線形有限要素法―弾塑性解析の理論と実践

個数:

非線形有限要素法―弾塑性解析の理論と実践

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B5判/ページ数 851p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784627920217
  • NDC分類 501.34
  • Cコード C3050

内容説明

超弾性体・弾塑性体・弾粘塑性体などの様々な材料構成モデルの導出から、準静的問題の有限要素解析コンピュータプログラムへの実装まで。非線形連続体力学(力学理論)+有限要素離散化と非線形解法(数学理論・数値解析手法)で学習する丁寧な解説書(ソースコード付)。

目次

第1部 基礎編(序論;テンソル解析の基礎;連続体力学と熱力学の基礎 ほか)
第2部 微小ひずみ問題(数理塑性論;微小変形塑性問題の有限要素法;その他の基礎的な塑性モデルの数値計算 ほか)
第3部 有限ひずみ問題(有限ひずみ超弾性体;有限ひずみ弾塑性;有限ひずみ問題における非圧縮固体材料のための有限要素 ほか)
付録

著者等紹介

寺田賢二郎[テラダケンジロウ]
1990年名古屋大学工学部土木工学科卒業。1991年清水建設株式会社退社。1996年ミシガン大学工学部機械工学・応用力学科博士課程修了。東京大学助手。1997年東北大学講師。1999年東北大学助教授(2007年から准教授に名称変更)。Ph.D(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。