プログラムで実践する生体分子量子化学計算―ProteinDF/ABINIT‐MPの基礎と応用

個数:

プログラムで実践する生体分子量子化学計算―ProteinDF/ABINIT‐MPの基礎と応用

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 14時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 235p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784627879119
  • NDC分類 464
  • Cコード C3304

内容説明

PC~小規模PCクラスタで行う実用レベルの生体高分子量子化学計算。バイオ、医療、創薬、工業などに大きく貢献できるフリーソフトウェアをわかりやすく解説。

目次

第1部 タンパク質密度汎関数法パッケージ ProteinDFシステム(ProteinDFシステム;ProteinEditorを使ってみよう;PCを用いたペプチド全電子計算;(小規模)PCクラスターを用いたタンパク質全電子計算
大型計算機を用いた大規模蛋白質全電子計算
補足:結びにかえて)
第2部 フラグメント分子軌道法プログラム ABINIT‐MP(フラグメント分子軌道(FMO)法とは
ABINIT‐MP/BioStation Viewerのインストール
まずは計算してみよう
タンパク質・DNAのFMO計算
FMO方の今後の展開)
第3部 理論的背景(生体分子と量子化学計算)

著者等紹介

佐藤文俊[サトウフミトシ]
理学博士。1962年東京都生まれ。慶応義塾大学理工学研究科物理学専攻、九州工業大学情報工学部助手、東京大学生産技術研究所助教授などを経て、東京大学生産技術研究所教授

中野達也[ナカノタツヤ]
博士(理学)。1964年長崎県生まれ。筑波大学化学研究科化学専攻、国立衛生試験所化学物質情報部研究員を経て、現在は国立医薬品食品衛生研究所医薬安全科学部主任研究官

望月祐志[モチズキユウジ]
理学博士。1963年静岡県生まれ。北海道大学理学部化学第二専攻。日本電気(株)基礎研究所、日本原子力研究所計算科学技術推進センター、アドバンスソフト(株)研究開発センターを経て、立教大学理学部化学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。