学びやぶっく
脳の言語地図

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784625684333
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0376

出版社内容情報

普通左脳の大脳皮質にある、言葉を司る領域「言語野」。近年細分化した脳地図を作ることに成功した著者に、言葉と脳の関係、動物と人間の脳の違い、英語等の第二言語習得など、最新の研究成果をもとに、脳の不思議の世界を探検。

内容説明

なぜ人間だけが言葉を使えるのか?脳科学の先端を拓く著者が、その最新成果を語る。

目次

第1章 脳から人間を考える
第2章 脳を知る
第3章 言葉を知る
第4章 脳の言語地図―言葉をつむぐ脳
第5章 脳から英語学習を考える
第6章 言語脳科学のこれから

著者等紹介

酒井邦嘉[サカイクニヨシ]
1964年東京生まれ。87年、東京大学理学部物理学科卒業。92年、同大大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士。同年、同大医学部助手。95年、ハーヴァード大学医学部リサーチフェロー。MIT言語・哲学科客員研究員を経て、東京大学大学院総合文化研究科准教授。『言語の脳科学』(中公新書)により第56回毎日出版文化賞受賞。脳機能マッピングによる言語処理機構の解明により第19回塚原仲晃記念賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヤマヒロト

0
よくわかってないことに、変な誤解を与えないように気を使いすぎたのか「~だと思う」って言い方が多い。脳ブームを考えなおすのに良い。2013/02/13

いわたん

0
色々と面白い本だった。前に読んだ「言語の脳科学」よりも易しく書いてあるので、もう一度「言語の脳科学」を読みなおそうかな。手話の発祥などは意外だったし、手話で思考したり寝言を言う(?)というのは不思議な感じ。「思考」というものに別な考え方ができるかも。脳科学から哲学への影響も大きいのだろう。メルロ・ポンティのように「最新の科学と二人連れ」のようになると面白いな。2012/08/08

Ryosuke Tanaka

0
今ひとつハードコアなものが読みたい2012/06/20

おだまん

0
分かりやすい。努力が大切ということに納得しつつもやっぱりセンスの「脳」はあるんだなぁ~2009/12/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/289889

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。