白氏文集〈2下〉

個数:

白氏文集〈2下〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年06月07日 09時57分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ A5判/ページ数 p447/高さ 23cm
  • 商品コード 9784625673139
  • NDC分類 082
  • Cコード C3398

目次

卷九 感傷一・古調詩
卷十 感傷二・古調
卷十一 感傷三・古體
卷十二 感傷四・謌行曲引 雜言

出版社内容情報

白居易の詩歌文辞を、本邦初の通釈。原文全文・書き下し文・通釈・語注等で構成する。白氏文集71巻のうち巻9~12を所収

白氏文集は、唐代屈指の大詩人・白居易(白楽天)の自撰全集であり、本巻では、日本文学に多大な影響を与えた著名な作品(「長恨歌」「琵琶引」など)を数多く収録する(巻9~12、感傷1~4、古調詩・古調・古体・歌曲引)。洋の東西を問わず、また時代を超えて愛唱されてきた白居易の詩歌文辞を、本邦初の通釈により、堪能できるものである。原文全文・書き下し文・通釈・語釈等で構成する。

目次
■巻九 感傷一 古調詩
 西明寺牡丹花時、憶元九
 傷楊弘貞
 權攝昭應、早秋書事、寄元拾遺、兼呈李司錄
 新栽竹
 秋霖中、過尹縦之仙遊山居
 寄江南兄弟
 曲江早秋
 寄題チウ厔廳前雙松
 翰林院中、秋日懐王質夫
 禁中月
 贈賣松者
 初見白髪
 別元九後、詠所懐
 禁中秋宿
 早秋曲江感懐
 寄元九
 春暮寄元九
 早梳頭
 出關路
 別舎弟後月夜
 新豐路逢故人
 金鑾子睟日
 靑龍寺早夏
 秋題牡丹叢
 勸酒寄元九
 曲江感秋
 酬張太祝晩秋臥病見寄
 立秋日曲江憶元九
 早朝賀雪、寄陳山人
 初與元九別後、忽夢見之。及寤而書適至、兼
  寄桐花詩。張悵然感懐、因以此寄
 和元九悼往
 重到渭上舊居
 白髪
 秋日
 將之饒州、江浦夜泊
 思歸
 翼城北原作
 客路感秋、寄明準上人
 遊襄陽懐孟浩然
 秋暮西歸、途中書情
 秋懐
 贈別楊穎士・盧克柔・殷堯藩
 題贈定觀上人
 祗役駱口驛、喜蕭侍御書至、兼覩新詩、吟諷
  通宵、因寄八韻
 酬李少府曹長官舎見贈
 留別
 曉別
 北園
 惜栯李花
 照鏡
 新秋夕
 夜雨
 秋江送客
 感逝寄遠
 秋月
■巻十 感傷二 古調
 朱陳村詩
 讀鄧魴詩
 寄元九
 秋夕
 夜雨
 秋霽
 歎老 三首
  其二
  其三
 送兄弟迴。雪夜
 渓中早春
 同友人尋澗花
 登村東古塚
 夢裴相公
 書寢
 別行簡
 觀兒戲
 歎常生
 寄元九
 以鏡贈別
 城上對月、期友不至
 念金鑾子 二首
 又一首
 對酒
 渭村雨歸
 諭懐
 喜友至、留宿
 西原晩望
 感鏡
 村居臥病 三首
 又一首
 又一首
 沐浴
 栽松 二首
  其二
 病中友人相訪
 自覺 二首
 又一首
 雨夜有念
 寄楊六
 送春
 哭李三
 別李十一後、重寄
 初出藍田路作
 仙娥峰下作
 微雨夜行
 再到襄陽、訪問舊居
 寄微之 三首
 又一首
 又一首
 舟中夜雨
 夜聞歌者
 江樓聞砧
 宿東林寺
 憶洛下故園
 贈別崔五
 春晩寄微之
 漸老
 送幼史
 夜雪
 寄行簡
 首夏
 孟夏思渭村舊居、寄舎弟
 早蟬
 感情
 南湖晩秋
 郡廳有樹、晩榮早凋。人不識名、因題其上
 感秋懐微之
 因沐感髪、寄朗上人 二首
 又一首
 早蟬
 苦熱喜涼
 早秋晩望、兼呈韋侍御
 司馬宅
 司馬廳獨宿
 夢與李七・庾三十二同訪元九
 秋槿
 答元郎中・楊員外喜烏見寄
■巻十一 感傷三 古體
 初入峽有感
 過昭君村
 自江州至忠州
 初到忠州登東樓、寄萬州楊八使君
 郡中
 西樓夜
 東樓曉
 寄王質夫
 南賓郡齋卽事、寄楊萬州
 招蕭處士
 庭槐
 送客廻曉興
 東樓竹
 九日登巴臺
 東城尋春
 江上送客
 桐花
 早祭風伯、因懐李十一舎人
 花下對酒 二首
 又一首
 不二門
 我身
 哭王質夫
 東坡種花 二首
 又一首
 登城東古臺
 哭諸故人、因寄元八
 郡中春讌、因贈諸客
 開元寺東池早春
 東澗種柳
 臥小齋
 歩東坡
 徴秋税畢、題郡南亭
 蚊蟇
 登龍昌上寺、望江南山、懐錢舎人
 郊下
 遣懐
 歳晩
 負冬日
 委順
 宿渓翁
 重過壽泉、憶與楊九別時、因題店壁
 西掖早秋直夜書意
 庭松
 竹窓
 同韓侍郎遊鄭家池、吟詩小飮
 晩歸有感
 曲江感秋 二首 並序
 又一首
 翫松竹 二首
  其二
 衰病無趣、因吟所懐
 逍遙詠
■巻十二 感傷四 謌行曲引 雑言
 短歌行
 生別離
 浩歌行
 王夫子
 江南遇天寶樂叟
 送張山人歸嵩陽
 醉後走筆、酬劉五主簿長句之贈、兼簡張大・賈二十四二先輩昆李
 和錢員外、答廬員外早春獨遊曲江、見寄長句
 東墟晩歇
 客中月
 挽歌詞
 長相思
 山鷓鴣
 放旅雁
 送春歸
 山石榴
 晝竹歌
 眞娘墓
 長恨歌傳
 長恨歌
 婦人苦
 長安道
 潛別離
 隔浦蓮
 寒食野望吟
 琵琶引
 (琵琶引)
 簡簡吟
 花非花
 醉後狂言、酬贈蕭・殷二協律
 醉歌