東京ことば辞典

個数:

東京ことば辞典

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 527p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784625603099
  • NDC分類 818.36
  • Cコード C0581

内容説明

東京にも方言がある。下町、山の手、多摩地区の日常語を収録。

著者等紹介

井上史雄[イノウエフミオ]
1942年、山形県に生まれる。東京大学文学部卒業、同大学院博士課程修了。博士(文学)。東京外国語大学教授を経て、明海大学外国語学部教授

金端伸江[カネハタノブエ]
東京都台東区に生まれる。1993年、東京外国語大学外国語学部朝鮮語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

今までにない「東京」の方言辞典

「東京にも方言がある」ことは、あまり意識されないが、東京都のことばは、日本の都道府県の中で一番多様性に富んでいる。この多様なことばを集大成し、用例付きで掲げた。場面や雰囲気が伝わる、読んで楽しい辞典である。昔の関東平野の暮らしを物語ることば、山の手の暮らしを反映することば、下町の風情を伝えることば、昔懐かしいことば、郷愁を誘うことばが大量に収録されている。東京ことばは、東京山の手中流階級の日常語が標準語と見なされ、それが全国に広がる一方向モデルで考えられてきた。しかし、歴史的にみれば、三河武士や西日本から集まった人々によって東海、関西の方言が流入し、その後周辺の関東方言が入り込み、現代も多摩方言や北関東方言が都区内に入りつつある。そして、そのようにして成立した東京新方言は再び全国に普及しつつある。つまり地方の方言との相互交流が現在も継続しているわけである。この辞典によって、双方向性を持つ東京のことばに新たな位置づけがなされる。現在、多くの都道府県で方言辞典が刊行されているが、東京だけが空白に近かった。この辞典の刊行により、各県との対照研究も可能になる。

【著者紹介】
1942年、山形県に生まれる。東京大学文学部卒業、同大学院博士課程修了。博士(文学)。東京外国語大学教授を経て、現在、明海大学外国語学部教授。社会言語学・方言学専攻。NHK放送用語委員。著書:『計量的言語区画』『新しい日本語』『方言学の新地平』『言語楽さんぽ』『社会方言学論考-新方言の基盤-』(以上、明治書院)、『日本語ウォッチング』(岩波新書)、『敬語はこわくない』『日本語は年速1キロで動く』(講談社現代新書)、『変わる方言 動く標準語』(筑摩書房)、『日本語の値段』(大修館書店)、『東北方言の変遷』(秋山書店)ほか。