宮本常一著作集別集<br> 私の日本地図 〈15〉 壱岐・対馬紀行

個数:
電子版価格 ¥2,420
  • 電書あり

宮本常一著作集別集
私の日本地図 〈15〉 壱岐・対馬紀行

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 20時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 277,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784624925000
  • NDC分類 291.09
  • Cコード C0339

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

24
昭和25、6年から昭和37、8年、さらに昭和49年と12年ごとくらいに対馬と壱岐を訪ねています。ある意味定点観測のような感じがします。ただ宮本が歩いたところの写真などを見てもあまり変化はないように感じられます。その後にかなり変わっているのでしょうが、現在の状況を見て比較してみたい気がします。2014/09/24

きいち

16
昭和25-26年の九学会調査をかわぎりに、昭和37年、49年とほぼ十年ごとの再訪の記録。宮本の旅は取材にとどまっていなくて、課題を語らい他所の事例を話し、時には叱りとばし、困ったことは機関につなぎ人を紹介するといった現場の人々との関わりの強いものなので、再訪時に描かれる変化の深いこと。紹介した篤農家の指導で立ち上がったミカン栽培、冷凍庫の完成で安定した漁業収入、そして港、縦貫道、電化の整備。公共事業が離島の生活の改善に本当に意味を持っていたことも実感できる。このシリーズも手元にそろえたくなってしまったな。2014/06/28

徳島の迷人

1
宮本常一が対馬と壱岐を旅した記録。1950年から70年代にかけて何度も足を運んでおり、その写真も貴重。対馬は戦争終結前まで軍事機密があり調査が少なく、8学会連合調査1回目に選ばれた。壱岐は本土から離れていて古代から平和、食料も豊富。宮本は本当に本心で島が良い方向に向かうにはどうすれば良いか考え、聞き、見て、話した。生活が良くなっていく希望を抱くことの大切さ。しかし島から出て働くことが進取的だとする風潮。印象に残った言葉、「生きてゆくという現実の中には、もうこれで満足を得られるという日はないものである」2021/09/24

Ayumi Shimojoh

0
年末の壱岐で壱岐の本を読む。宮本さんという旅人が、地域の民俗をものすごい学習欲で吸収して、まとめた膨大な資料集の、一部らしい。なんだろう、地方や地域、社会への誠意って。2014/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/489556

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。