UTCP叢書<br> 共生のための技術哲学―「ユニバーサルデザイン」という思想

個数:
電子版価格
¥1,980
  • 電書あり

UTCP叢書
共生のための技術哲学―「ユニバーサルデザイン」という思想

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月21日 20時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 216p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784624011734
  • NDC分類 118
  • Cコード C0310

出版社内容情報



村田 純一[ムラタ ジュンイチ]
編集

内容説明

新しい「文化モデル」の探究。「ユニバーサルデザイン」という新しい文化的・社会的要請にたいして、どう考えていくべきなのか。障害者をふくめた「共生」の多様性という課題に哲学的・思想的に応答する試み。

目次

第1部 社会構成主義の可能性(社会構成主義と技術文化の民主化―予防原則の役割;社会構成主義と人工物の権力論)
第2部 ユニバーサルデザインとは何か(ユニバーサル・デザインについて;社会批判としてのユニバーサルデザイン―または福祉社会のための科学技術批判について;アクセシビリティはユニバーサルデザインと支援技術の共同作業により実現する ほか)
第3部 「ユニバーサルデザイン」の哲学(技術を構想する権利はあるのだろうか?;「参加」のデザイン―ユニバーサルな社会のために;技術と環境―生態学的観点から ほか)

著者等紹介

村田純一[ムラタジュンイチ]
1948年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授(科学史・科学哲学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たかまる

5
技術のよりよいあり方について考える論文集。一部の開発者がたくさんの利用者に影響を与え得るため、民衆が技術の危険性を理解し開発すべきか否かを決定する仕組みが必要と論じる文章もあった。でも人間は痛い目に遭わないと動きださないのではないか、と現実問題として思ってしまう。2014/05/16

ヘンリー八世が馬上試合で死んだことは内緒

0
技術には政治性が含まれる。現在の技術は価値中立的なように見えるが、そこには健常者ヘゲモニーが隠れている。それに抗しようとするのがユニバーサルデザインである。2013/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/239915
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。