理論と実践―社会哲学論集 (新装版)

個数:

理論と実践―社会哲学論集 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月14日 20時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 628,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784624010355
  • NDC分類 361.1
  • Cコード C0010

内容説明

本書は、社会科学における理論と実践の関係の体系的究明のための歴史的予備研究である。付録では、主編の本文で十分に展開されていないテーゼを解説。

目次

1 古典的政治学―その社会哲学との関係
2 自然法と革命
3 フランス革命にたいするヘーゲルの批判
4 唯物論への移行における弁証法的観念論―「神の収縮」というシェリングの思想からの歴史哲学的推論
5 哲学と科学の間―批判としてのマルクス主義
6 社会学の批判的課題と保守的課題
7 独断論と理性と決断―科学化された文明における理論と実践のために
付録(マルクスとマルクス主義をめぐる哲学的討論によせて;マルクス主義的シェリング―エルンスト・ブロッホの思弁的唯物論によせて;カール・レーヴィト―歴史意識からのストア的退却)
付論 理論と実践を媒介する試みにおける若干の難点

出版社内容情報

〔社会哲学論集〕アドルノ、ホルクハイマーとならび、フランクフルト学派を代表する哲学者ハーバーマスの「社会哲学論集」(全2冊)より、既刊のものを原題に戻し合冊した。