手塚治虫は「ジャングル大帝」にどんな思いを込めたのか―「ストーリーマンガ」の展開

個数:

手塚治虫は「ジャングル大帝」にどんな思いを込めたのか―「ストーリーマンガ」の展開

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2022年05月19日 20時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 326p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784623092734
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C3036

出版社内容情報

戦後のストーリーマンガはどのように成立したのか。手塚治虫の「ジャングル大帝」からそのルーツを探る。手塚は、それまでのギャグマンガに代表される笑いを取るためのマンガではなく、喜怒哀楽のみならず、悲劇性をストーリーマンガに吹き込んだ。それ以後のマンガの潮流を作り出した「ジャングル大帝」の成立過程を詳論する。著者マンガ研究四十年のライフワーク。

内容説明

戦後のストーリーマンガはどのように成立したのか。手塚治虫の「ジャングル大帝」からそのルーツを探る。手塚は、それまでのギャグマンガに代表される笑いを取るためのマンガではなく、喜怒哀楽のみならず、悲劇性をストーリーマンガに吹き込んだ。それ以後のマンガの潮流を作り出した「ジャングル大帝」の成立過程を詳論する。著者マンガ研究四十年のライフワーク。

目次

第1章 中央の雑誌へのデビュー
第2章 “動物三部作”のひとつとして
第3章 「バンビ」の公開や映画からの刺激
第4章 赤本マンガでの構想
第5章 『漫画少年』で連載がスタート
第6章 学童社版単行本への意気込み
第7章 小学館版、初めての完結
第8章 「ジャングル大帝」と大陸移動説
第9章 「ストーリーマンガ」の概念と悲劇的要素

著者等紹介

竹内オサム[タケウチオサム]
1951年大阪に生まれる。大阪教育大学大学院修士課程修了。現在、同志社大学社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パトラッシュ

88
初めて全巻一気読みした手塚漫画が『ジャングル大帝』だ。それまでアトムなどを断片的に読んでいたが、友人宅でサンデー・コミックス版を見つけて夢中で読み耽った記憶が。当時は想像もしていなかったが、単行本化が何度もストップするなど数奇な運命に見舞われていたとは。手塚が加えた描き直しの違いや、作中に引用された大陸移動説の着想を得た経緯まで調べ上げていく。演劇好きの手塚らしく物語を脚本的に組み立てるなど、文学の生成論の研究方法を使ってストーリーマンガが成立するまでを跡付けるプロセスは漫画論を超えた知的興奮すら感じる。2022/01/19

スプリント

10
マンガの技術だけでなくストーリーマンガの礎にもなったことがよくわかる。2022/01/16

みみりん

5
かなり専門的に「ジャングル大帝」を研究されている内容。表紙カバー裏に成立過程を詳論すると書かれているが、残されている構想ノートや粗筋ノートと出版された完成本との違いなども詳細に調べてある。2021/12/12

むっち

3
ジャングル大帝オタクの本です。よく考えるとジャングル大帝をアニメから世代の私は、原作をきちんと読んでいないことに気付いた。だからストーリーの柱に、大陸移動を引き起こすほどの神秘の力を探る探検のドラマやそれが、レオの絶命につながるエピソードも全く知らなかった。ストーリー漫画というジャンルを築いた初めての作品というのも初見。何度も書き直しをされているという解説を知らなければ、「ジャングル大帝」をライオンキングにパクられた親子ライオンの物語で手塚作品の初期傑作以上の認識しかなかった。大変有意義な読書体験でした。2022/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18712240

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。