アクティベート教育学<br> 教育の方法と技術

個数:
  • ポイントキャンペーン

アクティベート教育学
教育の方法と技術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月15日 14時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 280p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623089369
  • NDC分類 375.1
  • Cコード C3337

出版社内容情報

教職課程コアカリキュラムおよび学習指導要領に対応した教職科目テキストシリーズの第12巻。授業などの場で子どもたちの学びをどのように支えるか、その基盤となる資質・能力ベイスの学習理論や指導の「技」とともに学ぶことができる。ICTの活用も含めた創造的な実践例を紹介。これからはじめて授業づくりを学び、実際に取り組もうとする人のための一冊。

目次

第1部 教育の方法論(資質・能力を基盤とした学力論と教育の方法・技術;学習理論から見た主体的・対話的で深い学びの実現;子どもの学びをよりよく支えるための教育評価)
第2部 教育の技術(公教育を担う教師の創造性;学習指導と単元の構成;授業の構成と学習指導案;個に応じた指導(個別最適な学び)と環境による教育
算数・数学科の実践
国語科の実践
社会科の実践
理科の実践)
第3部 情報機器および教材の活用(教育の情報化と思考スキル;情報機器を活用した教材の作成;情報活用能力を育成するための指導法;善き使い手を育成するための指導法)

著者等紹介

汐見稔幸[シオミトシユキ]
東京大学名誉教授

奈須正裕[ナスマサヒロ]
上智大学教授

江間史明[エマフミアキ]
山形大学教授

黒上晴夫[クロカミハルオ]
関西大学教授

奈須正裕[ナスマサヒロ]
上智大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。