発達障害お悩み解決ブック<br> 家庭と保育園・幼稚園で知っておきたい 吃音・チック・トゥレット症候群

個数:

発達障害お悩み解決ブック
家庭と保育園・幼稚園で知っておきたい 吃音・チック・トゥレット症候群

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月18日 08時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 96p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784623088928
  • NDC分類 378.2
  • Cコード C0336

内容説明

吃音やチックの症状を軽減させるには、子どもたちが過ごしやすいように環境を整えることが大切です。ネガティブな感情を弱められるよう、まずは、周りの大人はどんなふうに関わればいいのでしょう。この本を通じて一緒に考えてみましょう。

目次

第1章 こんなときどうする?おうち編(まさおさんの場合―話すときに詰まり、言葉がすらすら出てこない;かなさんの場合―もじもじして、挨拶ができない;たくみさんの場合―言葉に詰まり、イライラしている ほか)
第2章 こんなときどうする?保育園・幼稚園編(まさおさんの場合―自己紹介で、つっかえてしまう;かなさんの場合―口数が少なく、おともだちと話さない;たくみさんの場合―おともだちにまねをされて傷ついている ほか)
第3章 楽しい学校生活を送るために知っておきたい吃音・チックのこと(吃音の特性を知る―Q&Aで専門家が解説;チックの特性を知る―Q&Aで専門家が解説;家庭でできること―保護者に向けた5つのヒント ほか)

著者等紹介

藤野博[フジノヒロシ]
東京学芸大学教授、大学院教育学研究科(教職大学院)教育実践創成講座に所属。東北大学大学院教育学研究科博士前期課程修了。博士(教育学)。言語聴覚士。臨床発達心理士。専門はコミュニケーション障害学、臨床発達心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

就学前の吃音・チック・トゥレット症候群の子どもを育てる保護者と園の先生が抱える、それぞれの「困り事」とは。第1章と第2章で家庭と園それぞれの場におけるエピソードを紹介し、お互いの悩みを理解・共有しつつ、安心・解決につながるアドバイスをまとめる。そのうえで第3章では、就学に向けて家庭や園でできることを具体的に解説する。家庭と園の先生が、悩みを分かち合い、子どものスムーズな就学につなげるための一冊。