教養としての中国古典

個数:

教養としての中国古典

  • ウェブストアに65冊在庫がございます。(2018年04月23日 01時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 334p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623082759
  • NDC分類 122.031
  • Cコード C1010

内容説明

代表的な中国の古典を最新の研究成果も踏まえて概説する。今では実現する機会が少なくなってきた写本・版本の図版を大きく掲載するとともに、各章に「名文読解」の節を設け、原典にも親しみながら学べるよう工夫された入門書。「中国の古典五〇選」では多種多様な中国古典をコンパクトに紹介する。好評の『概説中国思想史』『名言で読み解く中国の思想家』『テーマで読み解く中国の文化』に続く第四弾。

目次

文字と文献の歴史
第1部 古典の精華
第2部 諸子百家の世界
第3部 歴史と故事を伝える
第4部 古典籍の展開
第5部 中国の古典五〇選
現代中国で「中国古典」はどう読まれているか

著者等紹介

湯浅邦弘[ユアサクニヒロ]
1957年島根県生まれ。1985年大阪大学大学院文学研究科(中国哲学専攻)博士後期課程中退。1997年博士(文学、大阪大学)。大阪大学大学院文学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

定番の古典から 『戦国策』『列女伝』『菜根譚』『呻吟語』まで。 「中国の古典50選」・コラム・年表も付いた充実の概説書。代表的な中国の古典を最新の研究成果も踏まえて概説する。今では実見する機会が少なくなってきた写本・版本の図版を大きく掲載するとともに、各章に「名文読解」の節を設け、原典にも親しみながら学べるよう工夫された入門書。「中国の古典五〇選」では多種多様な中国古典をコンパクトに紹介する。好評の『概説中国思想史』『名言で読み解く中国の思想家』『テーマで読み解く中国の文化』に続く第四弾。



はしがき――中国古典への招待

 

序 章 文字と文献の歴史(湯浅邦弘)



 

 第?部 古典の精華

 

第一章 『論語』――孔子とその弟子たちとの名言集(矢羽野隆男)

 1 『論語』の成立と展開

 2 孔子の生涯とその弟子たち

 3 孔子の思想とその名言

 4 名文読解

 

第二章 『尚書』――古聖王の伝承(中村未来)

 1 『尚書』の構成と内容

 2 『尚書』の変遷と伝播

 3 時を超えた『尚書』テキスト

 4 名文読解

 

第三章 『左伝』――春秋諸国の盛衰を記す(湯城吉信)

 1 『春秋』とは何か、『左伝』とは何か

 2 『春秋』『左伝』の歴史・研究史

 3 『左伝』の内容

 4 名文読解

 

第四章 『礼記』――礼学の集大成(矢羽野隆男)

 1 礼に関する三つの経典「三礼」

 2 礼の思想と『礼記』の編纂と

 3 『礼記』諸篇*とその名言

 4 名文読解

 

第五章 『孝経』――親孝行の極意とは(佐野大介)

 1 『孝経』の構成と内容

 2 伝来と日本からの逆輸入

 3 儒教の孝思想

 4 名文読解

 ▼コラム 親孝行と刑罰



 

 第?部 諸子百家の世界



第六章 『老子』――「道」と「無為自然」の境地(藤居岳人)

 1 老子と『老子』の書と

 2 『老子』の思想

 3 道家の『老子』とその後と

 4 名文読解

 ▼コラム 道家思想とタオイズムと

 

第七章 『孫子』――東洋兵学の最高峰(椛島雅弘)

 1 『孫子』の成立とその背景

 2 『孫子』の構成・内容

 3 『孫子』の受容・評価

 4 名文読解

 ▼コラム 二つの『孫子』からみる古典の条件

 

第八章 『墨子』――兼愛・非攻を説く異色の書(池田光子)

 1 墨家の誕生

 2 テキストとしての『墨子』

 3 墨家の思想

 4 名文読解

 ▼コラム 「科聖」墨子

 

第九章 『韓非子』――法治理論の集大成(中村未来)

 1 『韓非子』という書物

 2 『韓非子』に見える統治論

 3 法治の実態と後世に残る『韓非子』の言葉

 4 名文読解



 

 第?部 歴史と故事を伝える

 

第十章 『呂氏春秋』――諸子百家の集大成(清水洋子)

 1 呂不韋と『呂氏春秋』

 2 『呂氏春秋』の世界

 3 後世における『呂氏春秋』

 4 名文読解

 

第十一章 『戦国策』――故事成語の宝庫(草野友子)

 1 縦横家の活動――蘇秦と張儀

 2 『戦国策』の編纂と展開

 3 故事成語と『戦国策』――時代を生き抜く智恵

 4 名文読解

 

第十二章 『列女伝』――理想の女性像(佐野大介)

 1 劉向の『列女伝』執筆

 2 理想の女性像

 3 日中における後続の女訓書

 4 名文読解

 ▼コラム 我が子より大切なもの

 

第十三章 『十八史略』――中国史のダイジェスト(草野友子)

 1 中国の正史と『十八史略』

 2 『十八史略』の内容とその特徴

 3 日本での受容

 4 名文読解



 

 第?部 古典籍の展開

 

第十四章 『貞観政要』――唐太宗の帝王学(湯浅邦弘)

 1 「貞観の治」と『貞観政要』の成立

 2 帝王学の白眉

 3 伝来と評価

 4 名文読解

 

第十五章 『朱子語類』――朱熹の教え(久米裕子)

 1 朱熹と朱子学

 2 『朱子語類』の魅力と危うさ

 3 日本における『朱子語類』の受容

 4 名文読解

 

第十六章 『家礼』――儒教を大衆化した冠婚葬祭マニュアル(佐藤由隆)

 1 『家礼』が作られた経緯

 2 『家礼』の構成と「家礼図」

 3 実践マニュアルとしての『家礼』

 4 名文読解

 

第十七章 『菜根譚』――処世訓の最高傑作(湯浅邦弘)

 1 洪自誠と『菜根譚』

 2 構成と思想

 3 『菜根譚』の伝来と日本での評価

 4 名文読解 

 

第十八章 『呻吟語』――乱世に向けた呻吟の声(湯浅邦弘)

 1 明末が生んだ処世訓

 2 著者呂新吾の経歴と明代の思想

 3 構成と伝来

 4 名文読解



 

 第?部 中国の古典五〇選(滝野邦雄・杉山一也)

 

『晏子春秋』『淮南子』『永楽大典』『管子』『韓詩外伝』『顔氏家訓』『漢書』『儀礼』

『孔子家語』『公孫竜子』『黄帝内経』『国語』『呉子』『西遊記』『三国志』

『三国志演義』『三十六計』『三略』『爾雅』『史記』『詩経』『資治通鑑』『周易』

『周礼』『荀子』『春秋公羊伝』『春秋穀梁伝』『春秋繁露』『商君書』『水滸伝』

『説苑』『世説新語』『説文解字』『荘子』『楚辞』『大学』『中庸』『伝習録』

『二程全書』『風俗通義』『抱朴子』『本草綱目』『蒙求』『孟子』『文選』

『李衛公問対』『六韜』『列子』『列仙伝』『論衡』





 

終 章 現代中国で「中国古典」はどう読まれているか(白 雨田)



あとがき

中国古典関係略年表

人名・事項索引  

湯浅 邦弘[ユアサ クニヒロ]
編集

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件