発達障害がある人のナラティヴを聴く―「あなた」の物語から学ぶ私たちのあり方

個数:
  • ポイントキャンペーン

発達障害がある人のナラティヴを聴く―「あなた」の物語から学ぶ私たちのあり方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月30日 13時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623076789
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C3011

内容説明

発達障害者の支援の現場では、当事者自身の思いや生きにくさが理解されず、支援者の側の論理や枠組みが(自覚の無いままに)優先されていることが多い。本書は、当事者自身の生きている世界を理解するために必要なことについて考察する。また、詳細なインタビューの中で聴き取った多くの当事者の語りを紹介し、彼らとともに生きる私たちのあり方を問い直すための一助とする。

目次

第1部 ナラティヴヲ聴くことの意味―「あなた」と「私たち」それぞれに新たな知見や認識を生じさせるプロセス(当事者である「あなた」をとらえる視点―多様な意味を見落とさないために;語られなかった「私たち」のあり方;「あなた」の内側から立ち上がる「理論(説明モデル)」を聴く)
第2部 実践の中のナラティヴ―現場から立ち上がってくる小さな「理論」(障がいという言葉に対する「違和感」―一つの価値観・秩序が優先される世の中で;就労に向けての支援に生じた行き違い―「あなたのため」は誰のため?;「傷つく言葉」「救われる言葉」は関係性の中で現れる;発達障害がある人の「ネガティヴ・フィルター」―ネガティヴな眼差しや扱いを取り込む;「あなた」から私たちに伝えたい思い;発修障害支援におけるオルタナティヴな物語―当事者が当事者を支援するときにみえてきたもの)

著者等紹介

山本智子[ヤマモトトモコ]
奈良女子大学大学院博士後期課程修了。博士(社会科学)(奈良女子大学)。臨床発達心理士。現在、近畿大学教職教育部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

*本書を推薦します

森岡正芳氏(神戸大学名誉教授)

小さな声、つぶやきを聴き届ける

各章に登場する一人一人が際立って、語りはじめます。動き動かされつつ言葉をていねいに相手に伝える。これが対人援助の原型です。



発達障害者の支援の現場では,当事者自身の思いや生きにくさが理解されず,支援者の側の論理や枠組みが(自覚の無いままに)優先されていることが多い。本書は,当事者自身の生きている世界を理解するために必要なことについて考察する。また,詳細なインタビューの中で聴き取った多くの当事者の語りを紹介し,彼らとともに生きる私たちのあり方を問い直すための一助とする。