やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ<br> よくわかる高齢者心理学

個数:
  • ポイントキャンペーン

やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ
よくわかる高齢者心理学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年03月30日 19時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 204p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784623076550
  • NDC分類 143.7
  • Cコード C3311

目次

基礎知識(生物学的側面;社会的側面)
基礎理論(社会学的加齢理論;心理学的加齢理論)
認知情報処理(理論的側面;注意;記憶と学習;高次の情報処理;その他の側面)
情動・感情(パーソナリティ(性格)
感情
老いの自覚)
社会(社会とのかかわり;対人関係;社会的援助;死と死別;介護;現代的問題)
研究と実践

著者等紹介

佐藤眞一[サトウシンイチ]
大阪大学大学院人間科学研究科教授

権藤恭之[ゴンドウヤスユキ]
大阪大学大学院人間科学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

老化や高齢期に関する心理学の基礎的な知見を、認知情報処理・情動・社会など様々な観点から概説本書は、老化や高齢期に関する心理学の基礎的な知見を、認知情報処理・情動・社会など様々な観点から概説する。99のトピックを各見開き2ページで解説し、高齢者心理学の重要なテーマを網羅した、初学者にもわかりやすいテキストである。「老い」とは何かを理解し、現在の超高齢社会をよりよいものにしていくために、私たちには何ができるのかを考えるのに必要な知識を提供する。

はじめに



? 基礎知識?生物学的側面

 1 生物の老化

 2 身体の老化の特徴

 3 脳の老化の特徴

 4 感覚器の老化の特徴

 5 おばあさん仮説:人類はなぜ長生きなのか



? 基礎知識?社会的側面

 1 年齢とはなにか

 2 少子高齢化とその背景

 3 社会の中の高齢者

 4 エイジズム

 5 高齢者のイメージと生活



? 基礎理論?社会学的加齢理論

 1 生涯発達と老い

 2 活動理論と離脱理論

 3 継続性理論

 4 プロダクティブエイジング

 5 医学・社会学的サクセスフルエイジング



? 基礎理論?心理学的加齢理論

 1 心理学的サクセスフルエイジング

 2 選択最適化補償理論(SOC理論)

 3 老年的超越理論

 4 社会情動的選択性理論

 5 二重コンポーネントモデル



? 認知情報処理?理論的側面

 1 全般的速度低下理論

 2 抑制機能の低下

 3 加齢低下が少ない認知機能

 4 認知加齢の個人差に関する理論

 5 認知機能の低下に対する補償理論



? 認知情報処理?注意

 1 注意の持続と注意の瞬き

 2 選択的注意

 3 分配的注意

 4 課題の切り替え

 5 日常場面での注意



? 認知情報処理?記憶と学習

 1 記憶のしくみと老化の原因

 2 短期記憶と作動記憶(ワーキングメモリ)

 3 思い出の記憶(エピソード記憶)

 4 知識の記憶(意味記憶)

 5 自伝的記憶

 6 ソースメモリと虚偽の記憶

 7 展望的記憶

 8 学習と動機づけ

 9 忘れない記憶(手続き記憶とプライミング)



? 認知情報処理?高次の情報処理

 1 意思決定・推論

 2 知 能

 3 日常知能

 4 創造性

 5 知 恵



? 認知情報処理?その他の側面

 1 メタ記憶

 2 言語能力(コミュニケーション)

 3 熟達化

 4 認知の予備力

 5 終末低下



? 情動・感情?パーソナリティ(性格)

 1 性格特性:性格テストによる知見

 2 パーソナリティと幸福感

 3 エリクソンの理論

 4 性格と健康・長寿



? 情動・感情?感情

 1 感情の経験

 2 感情の表出

 3 健康感

 4 幸福感と人生満足感

 5 自尊感情と自己効力感



?? 情動・感情?老いの自覚

 1 老いの自覚と主観的年齢

 2 ストレスとコーピング

 3 うつ感情

 4 回 想

 5 回想のタイプと機能

 6 自伝的記憶とライフストーリー



?? 社会?社会とのかかわり

 1 引退と退職

 2 ボランティア

 3 就労と生産性

 4 ライフイベント

 5 生涯学習



?? 社会?対人関係

 1 ソーシャルネットワーク

 2 世代間ギャップ

 3 夫婦関係

 4 親子関係

 5 祖父母としての高齢者:世代性



?? 社会?社会的援助

 1 社会的援助の枠組み

 2 ソーシャルサポートの緩衝効果と直接効果

 3 社会関係

 4 利他性の発達:支援提供と幸福感



?? 社会?死と死別

 1 高齢期の死

 2 死 別

 3 悲嘆と悲嘆からの回復

 4 エンドオブライフ・ケアと緩和ケア

 5 自殺とその背景



?? 社会?介護

 1 介護者の心理

 2 介護される人の心理

 3 施設で暮らす高齢者

 4 施設で暮らす高齢者への心理的援助

 5 施設職員の心理的負担と援助



?? 社会?現代的問題

 1 敬老精神の変化

 2 情報社会と高齢者

 3 健康維持と心理的介入

 4 事故と高齢者

 5 超高齢期

 6 フレイル(虚弱)と精神的適応



?? 研究と実践

 1 研究法(横断研究・縦断研究・その他)

 2 パーソナリティの評価法:バウムテスト

 3 認知機能評価法

 4 臨床場面での実践

 5 認知的介入



人名索引/事項索引

佐藤眞一[サトウ シンイチ]
*2016年6月現在大阪大学大学院人間科学研究科 教授

権藤 恭之[ゴンドウ ヤスユキ]
2016年6月現在大阪大学大学院人間科学研究科 准教授