シリーズいま日本の「農」を問う<br> 農業再生に挑むコミュニティビジネス―豊かな地域資源を生かすために

個数:

シリーズいま日本の「農」を問う
農業再生に挑むコミュニティビジネス―豊かな地域資源を生かすために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月28日 22時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 319,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784623073054
  • NDC分類 612.1
  • Cコード C0361

内容説明

いま日本各地で、自然、歴史、産業などの「地域資源」を活用した取り組みが行われている。地域資源を生かしたコミュニティビジネスがひらく新しい「農」の可能性、NPO、起業家、第三セクター、自治体。それぞれの立場から“農”をとりまく課題解決に挑む。

目次

第1章 限界集落だって農業はおもしろい―「えがおつなげて」の取り組み(山梨からはじめる;農村と企業をつなぐ ほか)
第2章 耕作放棄地の再生から「自産自消」の社会へ―「マイファーム」の挑戦(進むべき場所へ;道を切り開く ほか)
第3章 山を町につなぐ―愛媛「新宮村」の村おこし(「新宮村」というブランド;複合観光施設「霧の森」 ほか)
第4章 純国産の榊を全国へ届ける―「彩の榊」の立ち上げと展開(実家の花屋を手伝う;榊との出会い ほか)
第5章 「達者の循環」でめざすグリーンツーリズム―青森県南部町の場合(南部町とは;「観光農園」の誕生 ほか)

出版社内容情報

地域のもつ資源を活用した新たな農のかたち。