福祉の経済哲学―個人・制度・公共性

個数:

福祉の経済哲学―個人・制度・公共性

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月18日 08時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 392p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623071456
  • NDC分類 369
  • Cコード C3033

内容説明

本来異質な福祉学と経済学の視点を交差させながら、福祉の理論的基盤と経済学の新たな方法を探る。福祉の思想と制度、社会的選択手続きの分析を通して、経済学的思考の可能性と拡がりを展望する。

目次

第1部 福祉の比較理論分析(リベラリズムとコミュニタリアニズム;正義とケア;リスクに抗する福祉とは;善と正義)
第2部 福祉制度の経済分析(「財産所有民主主義」システム;市場の論理と福祉制度;公的扶助の財政と就労インセンティブ;福祉と経済成長)
第3部 潜在能力アプローチと福祉の社会的選択(自立の社会的基盤と公的扶助;政治的リベラリズムを越える論理と制度;社会的排除・基本的福祉の保障;リベラリズムの数理的定式化)
第4部 福祉の政治経済学(多元的民主主義と公共性;民主主義の沈黙;差異の平等;現代正義論と支援の思想;自由への規範としての制度)

著者等紹介

後藤玲子[ゴトウレイコ]
1958年新潟県上越市生まれ。現在、一橋大学経済研究所教授(経済哲学専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件