現代環境思想論―“環境社会”から“緑の社会”へ

個数:

現代環境思想論―“環境社会”から“緑の社会”へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月23日 22時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 287p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623067510
  • NDC分類 519
  • Cコード C3036

内容説明

今日の環境問題の根本的原因が生態学的合理性よりも経済的合理性を重視する近代産業社会とそのイデオロギーである産業主義思想にあると捉え、産業革命以降の近代西欧先進国における近代産業社会の多様な思想を批判的に検討。現代環境思想が環境危機を克服していくための社会制度変革へと結実していく役割を担っていることを多角的に探ることによって、新しい環境社会としての“緑の社会”への展望を理論的に考察した。

目次

第1章 環境問題と思想の役割―思想的アプローチへの視点と位置
第2章 近代産業社会の登場と社会的影響―自然破壊と「大量生産―大量消費」型の近代産業社会の誕生
第3章 近代産業社会とそのディレンマ―「経済発展」か、「環境保護」か
第4章 「環境思想」の出現と変容―対抗思想としての環境思想
第5章 「現代環境思想」の五つの潮流―視点・考え方・課題
第6章 「現代環境思想論」の視点と考え方
第7章 「現代環境思想論」の位置と方向性
第8章 “エコロジー的に持続可能な社会”のための国家構想―「緑の国家」論の視点・思想・方法論