シリーズ「自伝」my life my world<br> ゲーム理論と共に生きて

個数:

シリーズ「自伝」my life my world
ゲーム理論と共に生きて

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 354,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784623065028
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0323

内容説明

長く理解を得られず、批判されてきたゲーム理論を日本に根付かせるべく紹介し続けた研究者、鈴木光男。「昭和第一期生」として生まれ、その成長期に開戦、学徒勤労動員、敗戦を体験。大学時代にゲーム理論と出会い、多くの偏見と戦いながら、「人間的なるもの」を求めて研究を継続、数多の優秀な研究者を輩出した。さまざまな人物との出会いと別れを経た著者が、未曾有の大被害をもたらした大震災と放射性物質に思いを馳せ、追憶の自伝を著す。

目次

第1章 昭和第一期生の少年時代―東北の山村にて
第2章 学徒勤労動員―忘れられた歴史
第3章 山形高等学校時代―敗戦そして旅立ち
第4章 東北大学時代―ゲーム理論との出会い
第5章 東京工業大学時代―ゲーム理論・発展期
第6章 東京理科大学時代―ゲーム理論・花開く頃
第7章 二十一世紀に入って―回顧と展望

著者等紹介

鈴木光男[スズキミツオ]
1928年福島県石川町に生まれる。私立石川中学校、山形高等学校理科甲類(旧制)を経て、1952年東北大学経済学部(旧制)卒業。1956年東北大学経済学部講師。1963年プリンストン大学リサーチ・アソシエイト。1965年東京工業大学助教授、教授を歴任。1988年同定年退職。東京理科大学教授。2000年同退職。現在、東京工業大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。